自然耕塾@高山村

11月9日は4月から月一で通っていた自然耕塾@高山村の修了式でした。
自然耕塾とは不耕起栽培の稲作りの勉強で故岩澤信夫氏の技術を学ぶもので、この農法を柱に今年から私は不耕起栽培にチャレンジしていました。
不耕起栽培をやっていますなんて言うと、ちょっと知っている周りの農家は
「耕さないで労力経費の削減しようったってそうは甘くねーぞ。」
なんて鼻で笑ってたりしますが、ここでいうそれは全然違います。
無農薬、無化学肥料で環境に負荷をかけない、安全なお米を収穫する、、、etc
私の目的はあくまでもここにあり、そのために不耕起栽培を選択したのです。
なので不耕起栽培はひとつの手段にすぎません。
20131110c.png
↑この田んぼで半年間講義を受けました。
山はすっかり紅葉しています。田んぼには来年の為に水が張られています。


20131110c.png
講師の園原先生。
日本不耕起普及会の会長でもあり、不耕起のことなら日本一詳しいと言っても過言ではないと思います。
今年の春に出会い、色々話を聞かせてもらって、長野に通うことを決意しました。
先生はもちろんのこと、ここでは情熱のある前向きな人(受講生)ばかりで、色んな人と出会いました。それだけでもこれからの財産になったと思います。
ここにはとても書ききれない本当に沢山の学びがありました。
これを生かすも殺すも自分次第なので生かせるように頑張りたいと思います。
まずはこの田んぼで実践です!!
20131110c.png
稲刈り直後から水を張っています。田植えの前日までこの予定。
この間にも田んぼには色んな変化があるはずです。
見逃さないようにしっかり観察していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です