「やまびこ米 玄米」カテゴリーアーカイブ

写真22枚!新潟の米農家「やまびこ農産」田植え体験2017レポート!

2017年6月4日(日)新潟県阿賀野市五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では毎年恒例の田植え体験イベントを開催しました!

今年で5年を向かえる今回は記念すべき回にになります。

参加者は総勢50名。約20組の親子に集まって頂き、過去最大級の規模の田植えの人数(面積はなんといつもの4倍)です。

リピーターが半分、新規の方が半分とという内訳。
昨年に続き今回も当社のオリジナル商品「いちご大福の素」を使った、いちご大福教室で出会った方も数名いらっしゃいました。

こちらが思い描いている、「いちご大福教室経由田んぼ行き」の流れが少しずつ形になってきていることに喜びを感じます。

 

さてさて、それでは写真を多めに22枚使い、今日の田植え体験イベントのレポートです。

昨日から今朝まで雨が降っていて、天気がすごく心配だったのですが、雨は全く降らずに天気はまずまず。

最初はちょっと寒かったけど、動いているとそんなに気になりませんでした。

今回も順調に育ったポット苗(コシヒカリ)の「成苗」を植えます。成苗作りは手間が掛かりますが、無農薬で雑草に負けない稲にするためには最高の苗です!

 

地元笹神から参加の小学生!もくもくと植える姿が頼もしかったな。

 

こちらは実家が勝屋の小学生。スタートダッシュはさすが地元っ子でした!

 

初参加の女の子も真剣に田植えをしている姿はいつ見ても可愛いものです。

 

二年目の参加の子はちょっとお姉さん気分で♪

 

いつも来てくれるベテランも健在!無理言って戦力として来てもらって助かりました!

 

田植えそっちのけで田んぼ周辺の生きもの探しに夢中な子供達。
この光景がここのイベントらしさかな・・・

田植えにきて田植えをしない子供多数(笑)

 

「超デカイたけのこがあった~」とか、田植えなんて関係なし!

 

彼ら曰く、竹を割って流しそうめんを作ったそうで(意味不明)感動していたところをピース。

とにかく楽しそうでした。

 

生きもの探しに夢中の彼は満面の笑みで仕掛けた網を持ってくる!

 

網の中にはオタマジャクシ、オニヤンマのヤゴ、アカハライモリがどっさり。

 

生きものに夢中になる子供を見ているとホント癒されますね~

ここでは虫嫌いな子も克服できます。

 

12時になり田植えも終わったところでお昼ご飯。

 

メニューは毎年恒例の具だくさん豚汁と

 

小田製陶所さんの蒸しかまどで炊いた炊き立てのごはん!

今回5年目の企画としての目玉が、この蒸しかまどで炊くホッカホカのごはんなのです!

 

昨年のイベントで収穫した無農薬自然乾燥コシヒカリを田んぼの脇で炊く、何とも贅沢な飯!

 

おこげも超うまそ~~~!!!!

 

それぞれ好きなご飯のお供を乗せて、食べるスタイルは楽しくておいしい。

 

子供の一番人気はのりたまのふりかけ(笑)
良いんですよ。こういうので。いっぱい遊んでいっぱい食べれば良いんですから!

 

大人は上品に良いモノを乗せますね。美しい!!
漬物類はほぼ手作りです。

お米は小田製陶所さんに4升炊いてもらったのですが、50人で簡単にペロリ(子供が半数以上なのに・・・)

 

ご飯が足りなくなり、私がありつけたのはこのおこげだけでした(笑)

まずは、皆さんに喜んでもらえて良かったです。9月24日の稲刈りの時には6升に増やそうと思います。

 

そして次回「草取り・生きもの調査」7月9日!

やまびこ農産の特製そばですよーー!お楽しみに♪

 

閉会後には村杉温泉「室町」さんのお風呂で私もしっかり温まらせてもらいました。
気持ち良かった~)^o^(

 

参加者の皆さん、協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟の五頭山麓の米農家、平成29年産やまびこ米の田植え状況。

五月も残すところあと二日になりました。こちら新潟県阿賀野市は今日もポカポカ陽気です。

そして本日もやまびこ農産では田植えの真っ最中!

平成29年の田植えは5月1日からスタートして、今日で26日目。。。

ちょっと農家を知ってる人には「えっまだやってるの!?」と言われてしまいますが、面積が多いので全然終わらないのですよ(笑)

毎日がむしゃらになって一カ月間、田植えをしています(^^)/

毎日田植え機に乗っている自分はただひたすら朝から夕方まで田植えをする。この繰り返しなので五月はあっという間に過ぎていきます。

今はほんの10㎝もない苗ですが、これから暖かくなってグングン伸びて成長していくのです。

今はその準備段階。元気に育つように願いを込めて!

透き通った五頭山からの伏流水と太陽の光をいっぱいに浴びて成長するやまびこ米!

食べてくれる人がいる事を励みに明日も田植えを頑張ります!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

 

 

「玄米」やまびこ米コシヒカリのレビュー掲載。健康の為に探していた!

先日玄米を購入して頂いた、東京都のM.M様からお客様の声が届きました!健康の為に食べやすい美味しい玄米を探していたというM様。

玄米コシヒカリ1kgの「お試し米」をご購入して気に入って頂き、続けて2kgを購入して頂きました。

最初から量が多いと心配なので、お試し米1kgを注文される方も多くいらっしゃいます。

弊社では白米と玄米をどちらもご用意しているのでお気軽にご注文下さい♪(このページの下にカートがあるので直接簡単注文OK)

【レビュー全文】

健康のために、おいしい玄米を探していました。

いろいろためしましたが、玄米は食べにくく、健康のために玄米を食べる事をあきらめていました。その時「やまびこ米」の玄米を見つけ、お試し玄米1kgを頼み食べてみました。

すると「おいしい、甘みがある。」この玄米だ!と思いました。

また私が注文した玄米は、黒酢農法なので安心です。

おいしい玄米をありがとうございました。

東京都 M.M 様

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

出来た!出来た!お客様の声で米のパンフレットが出来ました!

もう手にしたお客様も多いと思いますが、やまびこ米コシヒカリのパンフレットが11月から変わりました!

%e3%82%84%e3%81%be%e3%81%b3%e3%81%93%e7%b1%b3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

自社で独自にコメをを販売し始めて約10年。今回のものでパンフレットは三版目となります。今まではデザインから印刷まで全て業者さんに頼んでいたのですが、今回は印刷のみが業者さんで、デザインは全て自分でやりました!

イラストレーターでも使えれば良いんですけど、そんなハイテクなものは使えないので全部wordで仕上げています。もうwordを極めてやろうってノリでやってますよ(笑)

まあそれはともかく、こだわったのはもちろん中身。

~お客様の物語で伝える~ やまびこ米を選んだ3つの理由という内容構成で、当社が長年取り続けたお客様の声を基にお米の紹介をする。

余所のお米のパンフレットとは少し違うテイストになっています。

img_20161129_0004

img_20161129_0005

売り手が言いたいことだけを言うのではなく、お客様が欲しい情報をいかにダイレクトに伝えられるかを意識しました!

やまびこ米を選んだ3つの理由

1.農家直接だから安心

2.家族で安全なお米が食べたい!

3.山沿いで育つお米が食べたい!

これらすべてはお客様からの生の言葉です。

15181561_1179346425478378_8904778905811980534_n

今現在のお客様の言葉で、これからの未来のお客様を呼び寄せることになるストーリー仕立て。

やまびこ農産のはファンの皆さんと共に農業を盛り上げていきます!

そして、これからもお客様の声コレクターのやまびこ農産にお客様の声、ドシドシ送って下さい(^_^)

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

減農薬でも生育良好!新之助の試験栽培、田植え後45日目。

ささかみやまびこ農産では現在、新之助の試験栽培をしています。田植えから45日が経った今日も順調に育っています。

新潟県の新ブランド米「新之助」は、一般販売は平成29年の新米からになりますが、当社では一年前の今年から、一般農家に先駆けて栽培をさせてもらっています。

image2

研究員の方々が並々ならぬ努力で、20万株の米から選別して、8年がかりで誕生した新之助。

今年の試験栽培では投入した肥料や農薬、作業内容を全て新潟県に報告しなければなりません。

さすがに制約が厳しい!

ちなみに今年の新之助の新米はすでに全量出荷先が決まっていて、

そこから特定の高級レストランなどに出荷されて、そこで消費者は初めて口にすることが出来ます。

image1

新潟県の指定では当初、栽培が容易なように化学肥料を規定量、病害虫予防の為に農薬も規定量を入れての栽培で、高品質な米を出荷してもらいたいとの事でしたが、それではこの地域の特色である自然環境に配慮したコメづくりが出来ないので、化学肥料・農薬を50%削減した栽培方法で取り組ませてもらっています。

おそらくこの栽培基準はこの地域が県内で唯一だと思います。

これが上手くいけば、徐々に削減率を上げていって、いずれは完全無農薬でも栽培してみたい!

新之助の無農薬米第一号になれたらいいな。

それも消費者の方と一緒に草取りとかして一緒に育てていけたら、おもしろいなーって思います。

コシヒカリとは異なる美味しさなので、食べ比べは絶対やりたいところです!

普及する前にこっそり計画を練っておこう。。。うしし。。。

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産