「やまびこ米 白米」カテゴリーアーカイブ

【ドローン動画付】水無月に振り返るやまびこ農産の長閑な田植え。

こんにちは!

今日から6月ですね。

昨日、田植えが終わりスッキリと新しい月を迎えられて新鮮な気分です。

6月は旧暦で水無月。

梅雨もあるし水のない季節でもないのに、なぜ水の無い月と書くのか…

調べてみると水無月の無は「の」の意味にあたるそうで、ズバリ「水の月」

田んぼに水を引く月という由来から「水の月」となっているようです。

でも、他にも由来は様々な説があるようで、

面白い一説で、田植えを皆で協力して大仕事を終える月というので、

皆尽月(みなづき)

こんな説もあるそうです。

まさに今の当社の状態と同じ!

ちょっと安心します(笑)

 

さてさて

先ほど、今日の夕方に田植えのドローン空撮動画が完成しました。

_MG_2727

やっぱり普段の目線と違う、空撮は色んな発見があって面白い!

あんな小さい田んぼもめっちゃデカく見えるし。

のどかな田植え風景をご覧ください。

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

今年こそは豊作に!平成28年産米の田植えが完了しました!

本日、有限会社ささかみやまびこ農産の2016年の田植えが終了致しました!

5月1日から始めてまるまる一ヶ月!

休日を除き28日間、400枚、30ヘクタールの田植えをしました。

いくら米どころ新潟と言っても、ゴールデンウィークで完了する農家がほとんどなので、ウチみたいなのはかなりレアですよ。

20160531a

今年は雪解けも早かったので、例年より少し早く3月20日から田んぼに繰り出し、畦塗りを始めて、肥料散布、田起こし、代かきと田植えまでの工程を進めて、70日!

目標としては5月25日には終わりたかったのですが、なかなかどうして思い通りにはいかず、

13315616_1036416136438075_4253385706191136620_n

11062356_1036381023108253_5411833616719753010_n

昨日なんて、田んぼの中で田植え機のタイヤが折れる、

普通ありえないハプニングもあったりとスムーズに終わらせてはくれませんでした(笑)

田植えのフィナーレはいつもの、完全無農薬不耕起栽培のポット苗の田植え。

20160531b

バックに見守ってくれる方々が大勢いて、最後に笑って終わることが出来ました!

秋も豊作で笑って終われたらいいな!!!

20160531c

あと残すは6月5日の田植えイベント!

準備もこれからありますが、まずはひと段落で気持ち的にゆっくりやります。
本当の休みはもう少し先かな〜(^_^;)

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

2年後デビューの注目の新品種!「新之助」試験栽培をやります!

5月1日から始めた、ささかみやまびこ農産の今シーズンの田植えもいよいよ終盤戦に入ってきました。

そこで昨日、新之助くんを植えました!

IMG_3362

「新之助」は新潟県が8年がかりで開発に取り組んでいた、昨年9月に発表された新潟発お米の新品種。

大粒でキレイな艶があり、コシヒカリよりもさっぱりとした粘り甘味があるのが特徴です。

と言っても私は試食で小さいおにぎり一つを食べただけなので、まだ能書き通りにしか伝えられないのが本音です。

一般的な販売は来年(2017年)の秋からと決まっているので、まだ食卓で食べることはできませんが、それに先駆けて当社は今年「新之助」の試験栽培をやります!

IMG_4826

そして昨日は「新之助」の初田植え!

新しい品種だからと言って田植えで何が違うもありませんが、毎日同じ田植えの繰り返しなので、特別な品種なだけで多少のテンションは上がります(笑)

IMG_4827

田植え機の操縦は列が曲がらないように真っ直ぐを心がけ。。。

(曲がっていると視察に来られた時に恥ずかしい(笑))

6枚で4000㎡の田んぼに植えました!

IMG_4829

最後はみんなで田んぼに入って隅々まで補植してきっちりと仕上げ。

どんな風に成長していくのかこれからが楽しみです。

秋の収穫の楽しみが一つ増えました♪

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

秋葉区、新津駅前の新オープンのカフェにやまびこ米が使われます!

こんにちは!

毎日田植え田植えと続いていましたが、本日は雨と風の悪天候の為、田植えはお休みです。

そこで午前中の空き時間を利用して、

新津駅前の「AKIHA COFFEE Hub– We’re SPiCA –」さんに打ち合わせに行ってきました。

13221760_1025119347567754_3530666162377106434_n[1]

「AKIHA COFFEE Hub-We’re SPiCA –」さんは

昨日2016年5月10日にグランドオープンした新店舗で、こだわりのオリジナルブレンドコーヒーなどを提供する本格派のコーヒーカフェです!

こちらで打ち合わせというのは、こちらHubさんには唯一のランニュー、エスプレッソ風味の「特製ハヤシライス」があるのですが、そのハヤシライスのお米に当社のやまびこ米を使って頂けることになり、取引方法などの打ち合わせに行ってきました!

Hubさんはもともとは新津の商店街でビンテージマグのファイヤーキングを扱っていたSPiKAというお店で、自分はお客としてここに通っていたのですが、

以前来店した時にSPiKAを閉めてカフェをオープンすることになったから米を扱いたいというお話をもらい、その時に二つ返事でOKさせてもらいました。

自分の米を食べてもらえる場を作るって本当に難しいのです。努力しても思い通りになんてなかなかなりません。だから、本当にうれしい。

農家の知り合いも多いなかで、当社を選んでもらえて本当に感謝です!

13102875_1025119374234418_2053920317150148619_n[1]

本格的なコーヒーが味わえるお洒落な空間で、広々とした店内はゆっくりくつろげます。

皆さんもぜひ美味しいコーヒーとハヤシライスを食べに行ってみて下さい。

じっくり30分かけて焼き上げるホットドックもおすすめです。

AKIHA COFFEE Hub -We’re SPiCA –

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

今日から田植えを始めました!目標だった五月一日に出来た!

今日から五月!さつきです。
さつきには田植えの月という意味もあるそうで、この五月一日の本日、ささかみやまびこ農産の田植えが始まりました!
5月1日に田植えを始めるのは目標でもあって、この日のために社員全員で作業を1日でも早く進めることに取り組んできました。
3月下旬から、ほぼ休日抜き(本当は悪いんだろうけど。。)、休むとしても交代でトラクターは休ませない、早朝から暗くなるまでみんなでやってきました。
そう、例えるとすれば駅伝で一人一秒ずつ削ってタイムを上げるみたいな!チームワークです。
実際、今日始めても普通ならだいたい終わるのは25日頃になるのですが、毎年、田植えの終了がおそくなると次の仕事に遅れが出て悪循環をもたらしているので、今年はなんとか20日過ぎ付近で終わらせたいと、春先から目標を立てていたのです。
本日はそれに近づくための第一歩の田植えはじめ。
IMG_4738
初日は雨が降り出しそうな曇り空、しかも風強し。。。
まあこれぐらいなら大丈夫かな!
IMG_4736
苗は重ねたり、立てたりしても全然平気です。
IMG_4739
田植えと同時に蒔く肥料。
やまびこ米は有機質100%です。
田植え風景は撮る暇がなかったので、また今度。
IMG_4742
これから長丁場の田植えが進んでいきますが、これからもチームワークでやまびこ農産やっていきます!
一人一秒の精神で削りますぞ(^o^)

種まきに適した穀雨に無農薬米のポット苗を路地に並べました。

今日は二十四節気の一つ「穀雨」。穀雨とは田畑の準備が整い、春の雨が降るころで、雨で湿った田畑は種まき好期を迎えるともいわれます。

そんな穀雨の、本日の作業はポット苗の箱を並べる作業です。

  
無農薬コシヒカリの苗は2年前からポット専用の箱で育てています。
この方が通常の苗よりも長期間育てる事が出来るので、雑草や病気に負けない強い苗を育てられるのです。(普通はビニールハウス内でそだてることが多いですが、それだと暖かすぎて伸び過ぎるので路地で育てます!)

  
先週種まきしたポット苗の箱を並べてジョウロで水まき。

  
ポット苗は乾きやすいので、たっぷりと水をまきます!

  
あとはシートをかけて保温。

このまま一週間以上は、芽が出て緑化するまでこの状態を保ちます。

今年も良い苗が作れるように好天を祈ろう!

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米ささかみやまびこ農産

今日の朝食は筋子ごはん。新米コシヒカリと相性バツグン!

アナタのごはんのお供といえば何ですか?

私は筋子や明太子、納豆が大好きです!

今朝、新米コシヒカリに筋子をのせて食べました。

筋子ごはんの朝食

普通にスーパーで売ってる安価な筋子ですが、炊き立ての新米のコシヒカリと相性バツグンでペロッと食べてしまいました。

 

でも実は、一般的に筋子や明太子などの味の強いものは、コシヒカリよりもあっさりした米の方が良く合うと言われています。

新潟で頻繁に出回る品種で例えるなら、こしいぶき、ひとめぼれ等ですね。

甘味と粘りが強いコシヒカリは、お新香や海苔などのあっさりしたおかずがおすすめです。

 

でもこれはあくまでも一般論。

味の濃いものだってコシヒカリは本当に良く合います!

極端な話ですが、焼肉なんか最高ですよね!

 

何より、コシヒカリのようにそのまま食べてもおいしいコメは少量のおかずでも大丈夫。経済的です(笑)

ほんのちょっとの筋子でもごはん一杯食べれますよ。

筋子ごはん

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

筋子が良く合うふっくら新米やまびこ米コシヒカリはこちら↓

この秋の新米選びは◯◯を重視しよう!安心できるお米の選び方

9月に入り、もうすぐ新米の季節ですね!そこで迷ってしまうのがお米選びです。

スーパーなどお店に行くと、似たようなパッケージの米がいっぱい並んでいて何を選んでいいのか分からないことが多々あると思います。
同じコシヒカリでも買う基準とすれば、価格、産地、精米月日くらいでしょうか・・・

お米ってとても選びにくい食品だと思います。

当社、ささかみやまびこ農産はネット販売に力を入れていますが、その一つの想いとして、
「本当に中身の良い物を食べてもらいたい」というのがあります。

そこに必要なのは情報です。

例えば、日本一の米の産地ブランドは魚沼産です。価格もそれなりに良い値段で売られています。
でも、それって本当に体にとって良い物なのか?
スーパーの商品で調べる事はほぼできません。

いくら美味しい米でも毎日の家族の健康の事を考えると、農薬などの事は知りたいですよね。

しかし、農薬の成分を表示している米なんて無農薬以外ではほとんどありません。

そんなかゆいところに手の届くお米が当社の「やまびこ米」

「やまびこ米」コシヒカリは農薬・化学肥料を通常の75%に抑えた栽培方法で育てています。
この75%の数字について説明すると・・

まず肥料ですが、ほぼ有機肥料で栽培しています。

化学肥料を使うのはほんの少し、苗の土に混ぜる肥料だけです。
この苗の肥料だけは有機100%の肥料を使うと生育ムラが出やすく扱いづらいため、ほんの少しの化学肥料を使わせてもらっています。

あとは、自家製の堆肥や魚粕からなる100%有機肥料だけを使っています!

12.11 001

農薬は田植え後に一回除草剤を田んぼに撒く。それだけです。

あとは一切農薬は使いません。

専門的な数字で表すとこれが75%オフとなるのですが、限りなく無農薬に近い栽培です。

毎日食べる物だからこそ中身を知りたいのは自然のことです。
やまびこ米は家族みんなで安心して食べてもらいたいお米です。