「やまびこ米 コシヒカリ」カテゴリーアーカイブ

友人が結婚式でやまびこ米コシヒカリを使ってくれました!

先週末は東京の有名な結婚式場「八芳園」で友人の結婚式があり、地元の仲間たちとマイクロバス一台で東京に小旅がてら行に行ってきました。

結婚した友人とは、小学校4年生からのスポーツ少年団のバドミントン仲間で、弱小少年団の私たちは常に一回戦負けでバドミントンよりも一緒にバカな遊びばかりしていた記憶が強い新郎との思い出です。

IMG_4265

新郎の名は通称「まっちゃん」

まっちゃんは、高校卒業してからずっと東京にいて、とうとう東京人のお嫁さんをもらいました。

そんな、まっちゃんですが地元新潟、笹神が大好きで今でも年三回は笹神に帰ってくる男。

なんと!

料理のメニューにやまびこ米を入れてくれました!

IMG_4270

私は最初、持ち込み料金掛かるからやめた方がいんじゃない?

と遠慮したのですが、

「それは大丈夫!おまえのうまい米みんなに食べてもらいたいから頼む。」

と泣かせる返事をもらい、ありがたく使ってもらいました!

image2

じゃーん

新婦の出身が大森で、海苔が有名らしくその「大森の海苔」が上に乗っている粋なコラボ。

美味しく頂きました(^^)/

image1

末永くお幸せに~

またゴールデンウィークに会いましょう♪

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

今年の米作り!春の準備が始まっています!まずは種の消毒から。

雪どけ間近の阿賀野市五頭山麓。

最大で70センチくらいあった雪もだいぶ溶けはじめています。

もう数日で3月になります。春はもうすぐそこですね~。。。

IMG_4223

そして、いよいよ先週から米作りの本格的な準備が始まりました!

種モミの消毒です。

IMG_4219

60℃のお湯に10分漬ける消毒の仕方で、

温湯消毒(おんとしょうどく)と言います。

この60℃がポイントで、雑菌を消滅させるのです。

IMG_4218

お湯のあとは10度前後の冷水につけて消毒完了!

 

10年くらい前までは、お湯ではなく薬品で消毒していましたが、食べる人の健康のためにこの方法に切り替えました。

薬品を使うより格段に、費用も労力も使うし、扱い方もかなりシビアになりました。

でも、こうして発信していくことで多くの消費者の方にわかってもらえたら嬉しいです。

ホント手間かかるんです・・・(^_^;)

IMG_4251

これがコシヒカリの種!

春の準備着々と進みます!!!

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

雪国新潟、大雪に負けられない農家の冬。だって雪は米の命!

1月24日日曜日、阿賀野市の雪はエンドレスでした。降り続く雪に思わず叫びます。

「雪!いつまで降るんだーーーーーー!!?」

12月はほとんど雪が降らず、1月に入っても暖かい日が続いていたのでどうなるのかと思っていましたが

こちら新潟県阿賀野市笹神は、やはり立派な雪国でした。

IMG_4087

今シーズン最強の寒波という豪雪で、除雪をしてもそのあとからドンドン積もっていき同じ状態の繰り返しで、まさにエンドレス!

除雪をした後、1時間で20センチも積もっていたので、もう笑うしかありません(笑)

IMG_4086

私たち農家は冬場、除雪の仕事もしているのですが、私の操縦する除雪機も道なき道を行くような状態で半ば勘で突き進むのみ。滅多にない光景です。

その日の除雪は時間がなくて終わらずに、次の日は夜中の一時から除雪開始。

IMG_4091

夜には雪が止みましたが、除雪機が通ったあとの歩道は両側雪の壁。

左側は車道ですが、車道から歩道を歩く人は雪の壁でみえませんww

 

さて、こんな雪国のささかみやまびこ農産ですが、実はこの雪がやまびこ米コシヒカリの命なのです。

image38

やまびこ米は五頭山から流れてくる雪解け水からなる伏流水で育ちます。このミネラル豊富な雪解け水が味の決め手。

ここにしかない米の味になります。

だから冬場の降雪量はとても重要なポイント!

image97

これからも降雪は続くと思いますが、雪国の宿命、恵みの雪ともとらえて良いお付き合いをしていきたいですね。

image1.27a

車が雪に埋まっても負けないぞーー(笑)

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

【東京にお住いのお客様へ】1月に日本橋でお米の販売やります!

【告知】平成28年1月19日(火)~20日(水)東京日本橋「ブリッジにいがた」にてやまびこ米コシヒカリといちご大福の素の実演販売を行います!

新年早々、新潟を飛び出して東京での販売です。

東京へ行くことは年間それなりにありますが、実は物販をするのは初めてなのです!!

初めての事で、すごく楽しみなのですが一番の期待は、いつもお米を買ってくれているお客様に会えないかな~って思ったりして。。。

東京で物販ができるなんて滅多にありません。

当日はおそらく私、榎本一人で行くことになると思いますが、東京にお住いのお客様、是非この機会に会いに来てください!

顔はわからなくても名前を言ってもらえればわかりますので♪

逆に知らないふりをして来るのもそれはそれでアリですが(笑)
IMG_2484

会場のブリッジにいがたですが、こちらは初めてではありません。

今年の3月に第四銀行主催の次世代農家発掘オーディションで業界の方、大勢の前で発表した会場がこちらでした。

IMG_0235

この時は5分間の短い発表時間で、与えられた時間のすべてを田んぼの生き物の事を話させてもらって、変わった農業者というインパクトでお褒めの言葉を頂きました。

あれで自信になったけど結果としてはまだまだかな~。

IMG_0243

この時は発表するのみでしたが、今回はやまびこ米コシヒカリと、その米で作ったいちご大福の素を持って行きます!!!

新商品のいちご大福の素もお披露目します!どうぞお越しください♪

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産

日本橋三越前 ブリッジにいがた【地図】

業務用のみで販売しているツブツブさっぱり系のお米とは?

新潟五頭山麓で伏流水を使ったコシヒカリをメインで販売している「やまびこ農産」ですが、今日はコシヒカリ以外のお米を紹介します!

業務用オンリーで販売している「こしいぶき」です!

IMG_3899

こしいぶきは新潟県でしか栽培されていない品種で、平成13年から一般栽培されるようになった比較的新しい品種です。

名前の由来は、県民投票の結果から、新鮮で活力に満ちた「越後の新しい息吹」という意味から名づけられました。

最大の特徴は、コシヒカリに近い香りやうま味があるにもかかわらず低価格という事です。

だから、美味しい新潟のお米が使いたいけど、米に経費もあまりかけられないという業者さんにお勧めしています。

IMG_2595

当社のお米は全量五頭山系の伏流水を利用していて、こしいぶきにもこの透き通った清水でミネラルなどの微粒子を注入して食味を高めます。

甘味があるけどさっぱり系で、粒がツブツブしっかりしたお米。。。

262082_395566010523094_70137506_n[2]

そんなこしいぶきの私の一押しはチャーハン!(写真の炒飯は自作です)

普段はコシヒカリばかり食べていますが、たま~に「こしいぶき」もたべてます。

業者さんはもちろん、一般の方でも食べたいという方はこっそり教えてください♪実際スーパーのとは違いますから。

無農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産