「やまびこ米 白米」カテゴリーアーカイブ

新潟の秋の風物詩「稲刈り」を親子で体験!五頭山の麓、無農薬米の収穫に82名が参加!

令和元年9月22日(日)新潟県阿賀野市の農業法人「有限会社ささかみやまびこ農産」では「本物の自然と遊ぶ!稲刈り体験イベント2019」を開催しました。

 

当日のイベントレポートをブログでご紹介します。

【新潟市近郊から82名の親子連れが参加!】

大型の台風17号の接近で、前日までも天気予報が超微妙。晴れる事を切に願っての開催になりましたが、なんと天候は大当たり!

 

見事に晴れました!

朝9時集合で、いつものように新潟市近郊を中心に82名が参加。

 

今回、初めての方が5家族いましたが、そのほかの参加者は1度は、やまびこ農産のイベントに参加したことがあるリピーターさんです。

 

【本物のノコギリ鎌を使って稲を刈る】

稲刈りをする田んぼは、6月に田植え、7月に草取りのイベントで、みんなが手をかけて育てた、無農薬コシヒカリの田んぼ。

普段私たち農家は、コンバインという機械を使って稲刈りをやっていますが、当イベントでは昔ながらの手作業で稲を刈ります。

 

使う道具は、ノコギリ鎌。稲刈りでは昔からこれを使います。

 

子どももみんな、本物の鎌を使っての稲刈り。

手を切る心配もありますが、これも経験です。今年も怪我人は一人もいませんでした。

 

【稲をまるけて、杭がけの自然乾燥!】

鎌で刈った稲は、わらで縛ります(まるけると言う)

これが慣れないと大変な作業で、大人でもコツをつかむのに時間がかかります。

 

まるけた稲は杭にかけて天日干しで乾燥。

一般的に天日干しは、はざかけの方が有名かもしれませんが、笹神では杭がけも昔から主流のやり方です。

 

子供の背の高さを超えるくらい稲を重ねていきます。

 

多くの子供たちが、自ら進んで働いていました。

 

杭がけ完成!!

 

午前半日で、予定通りに稲刈り終了!参加者全員でスマイル記念撮影!

 

【蒸しかまどで炊く新米のお昼ごはん】

稲刈をしているうちに、着々とお昼ごはんの準備が進んでいました。

こちらは、豚汁。今回は鍋三つ分用意しました。

 

メインは毎度おなじみ、小田製陶所さんの蒸しかまどごはん。

蒸しかまどは、美味しんぼ4巻にも載っている名器!

 

小田さん親子が、9升の新米コシヒカリごはんを炊き上げてくれました。

 

炊き立てのごはんに、それぞれお好みの、ご飯のお供を乗せて食べます。

 

普通の茶碗なら2杯分はある、ドンブリごはん!

これを子供たちがペロリと平らげていました!

 

【参加者の声のご紹介】

当イベントの参加者の声の一部をご紹介します。

・鎌を使うのが最初は難しかったけど、やっていくうちに、上手に使えるようになりました。汗をかきながら、一生懸命稲を刈りました。(小学1年男子)

・息子がうまく刈れるかな・・・と心配しながらのスタートでしたが、すぐに慣れ、あっという間に進んでいく姿を頼もしく感じました。

”まるける”作業が刈るスピードに追い付かず大変でしたが、楽しい時間を親子で過ごせました。収穫作業は本当に大変ですね。”大地の恵み”を実感しました。(父)

高澤陽二郎 さま

 

初めての稲刈り体験しました。

思ってたよりも重労働で大変でしたが終わったあとの蒸しかまどごはんのおいしさと、喜んで食べる娘の顔を見て来てよかった、とうれしく感じました。

また来年も参加させて頂きます。本日は本当にありがとうございました。

岩本文明 さま

 

娘も五年生になり、学校でも稲刈り、田植えと体験し、このイベントでも稲刈りをする姿を見てとてもうれしく思いました。(3年目にして初めて)

学校で体験した田んぼといつもイベントで体験する自然豊かな田んぼのちがいを感じてくれたら更にうれしいと思います。

相良省吾 さま

 

 

他にも沢山の嬉しい声を頂きました!感謝申し上げます。。。

 

これで、令和元年の「本物の自然と遊ぶ!稲作体験イベント」は全工程終了になります。

 

今年の稲作は天候にそこそこ恵まれ、豊作傾向だったのですが、その裏で、野生動物のイノシシに田んぼ一枚を全て踏みつぶされてしまい、予定していた田んぼに稲を刈れなかった事態になりました。

生きものを含めて、本物の自然を体感してもらう農業イベントですが、これからも、獣の害は深刻化していきそうです。

このような実状も、一般消費者の皆様に感じてもらいながら、普段食べている米の事を少しでも関心を抱いてもらえたら嬉しく思います。

また来年もお待ちしております。ありがとうございました!!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/新之助/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟で輝く稲穂の五頭山麓。新米コシヒカリ販売まであと10日!

9月に入り朝晩は、だいぶ涼しくなってきました。こちら新潟県阿賀野市五頭山麓のささかみやまびこ農産です。

 

9月5日から平成29年産「新米」の稲刈りを始めました(^o^)丿
(最初は早生品種なので、こしひかりはもう少し先です。)

 

今年は夏が比較的涼しくて、例年より熟すのが少し遅くなりましたが、今年も黄金に輝く稲穂が辺り一面に広がっています。

 

 

この日は真っ青な空の秋晴れ。

稲穂に朝露が残っている早朝は、特に気持ちがいい。

 

 

朝露が乾いてくる9時半くらいから稲刈りを開始します。

コンバイン(稲刈りをする機械)に乗っている写真は社長。

もう一台は私が乗り、毎日2台体制で行います。

 

 

刈り取った稲はトラックの荷台に!

 

 

収穫したてのお米!

 

まさに黄金色。本当に輝いているように見えますね(^o^)

 

最後に休憩風景公開。
毎日がほのぼのです。

稲刈りは重労働ですが、せっかくの収穫の秋。

楽しみながら豊作を願いながら、笑顔で取り組んでいきたいと思います!

 

さてさて、気になる新米コシヒカリの販売時期ですが、早くて9月20日頃を予定しています。(25日頃には間違いないかと)

9月に入ってからは予約注文も一気に入っています。

新米が出たらいち早く欲しい!という方はこちらの「問合せフォーム」からご連絡下さいね~~(^^)

 

ではでは~~

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

やまびこ農産の「生きもの調査と草取り体験2017」イベントレポート!

2017年7月9日、今日は6月の田植えイベントに引き続き、ささかみやまびこ農産のイベント第2弾!本物の自然と遊ぶ!「田んぼの生きもの調査と草取り体験を」を開催しました。

参加者は田植えから参加している家族がほとんどで、15家族、約50名の参加となりました。

 

田植えは肌寒いくらいの天気でしたが、今日は最高気温32度という最高の暑さ!

熱中症にならないようにくれぐれも気を付けてと、スタートです。

 

田んぼの畦に横一列で並び、網と水槽をそれぞれ持って生き物調査!

 

稲の株の間を良く見て、動いてる生きものは全部捕まえます。

 

初めての人も半数くらいいるので、ゆっくりじっくりと。

 

こちら地元の3兄弟は最初からゴーイングマイウェイです。

たくましい。

 

捕まえた生きものは観察しやすいように平たいバットに移します。

 

それをチェックシートと図鑑とで照らし合わせていきます。

 

大人もしっかり図鑑で調べます。

 

途中で仕掛けていた網を取ってくる少年。

右側の子はたぶん「おい!それヤバいだろう!?」って言ってるよね。。。

 

なぜなら網のなかにはなんと、あの長い生物が?!

 

飴をほおばりながら笑顔で皆にみせに来る!たくましいですねー。

 

生きものの一番人気はやっぱりアカハライモリかな。

環境省が準絶滅危惧種に指定している生きものも沢山います!

 

↑写真を良く見るとイモリが一匹逃げてる・・・

 

生きもの調査の後は田んぼの草取り。

今年は雑草対策が上手くいって、無農薬なのにだいぶ草は少な目。

草はどこかな~って探しながらの草取りでした。

 

初めて田んぼに入ったという男の子。草取りも楽しかったようでした♪

 

そして、草取りの後も汗だくになってのカエルとり!

何も言わなくても子供だけで勝手に遊べるのはすごいですねー(^^)

 

この後にお昼ごはんに当社自家製の蕎麦を食べてめでたしめでたし。

次回、稲刈りは9月24日(日)です!またお待ちしています!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

日本の原風景を永遠に!米農家がホタル観賞会を開催する意義。

平成29年6月30日、新潟県五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では、無農薬コシヒカリを育てる田んぼの脇でホタル観賞会を開催しました。

当日の天気は朝から雨模様で、夕方には土砂降り!

開催も危ぶまれる悪天候だったのですが、夜7時過ぎからは奇跡的にずっと晴れていて、8時過ぎに見事に無数のホタルが舞ってくれました。

雨が上がって嬉しそうに舞うホタル。

主催者のこちらも、見に来てくれた人たちに喜んでもらう事が出来て本当にうれしかったです。(内心はかなりホッとしました・・・)

 

また、今回は電子ピアノの演奏付きで、幻想的な空間を更に盛り上げて頂きました。

奏者のTさん、電源を貸してくれた田んぼの地主のKさん、ご協力ありがとうございました!

多くの人は何となくのイメージでもわかると思いますが、蛍が生息する環境は徐々に減ってきています。

この阿賀野市五頭山麓でもごく一部でしか今は見ることができません。

蛍というのは特殊な生きもので、人間のいないところには棲めなくて、かといって人間が荒らした(除草剤などで草を枯らす)には棲めません。

ではどのに棲むのか???

 

人間が草刈りなどで、水路やあぜの管理が行き届いた場所です。

この条件と密接な関わりが持てるのは、私たち米農家であり、農家の取り組み一つで、蛍が生きるか死ぬかに大きく関わってきます。

 

私たちが大切に育てたお米が、この昔ながらの原風景を守っていく。

この関係性を忘れることなく、これからも生きものを大切にしながらの米作りを続けていきたい。

 

今回もこれだけの人が感動してくれるのですから、この環境は絶対に守っていかなくてはなりません。

 

それをいつも再確認させられるのがこのホタル観賞会なのです。

この動画は参加者の方が作ってくれました!

み~あ~げて~ごらん~空の~ほ~しを~

大勢の子供たちと素敵なひと時でした。。。

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

地味な草刈り作業がとても重要。やまびこ米が命を育むお米のワケ。

こんにちは!新潟の米農家、ささかみやまびこ農産の榎本庄太です。

田植えが終わって一段落しましたが、田んぼの稲の管理はこれからが本番です。

その中でも一番大変で、大切な作業が「あぜの草刈り」です。

五頭山麓のやまびこ農産の田んぼは、阿賀野市で一番と言ってもいい程に田んぼの一枚一枚の面積が小さく、途方もない枚数があります(約500枚)

その田んぼを可能な限り、除草剤に頼らず人力で草刈りをして緑のあぜを保つようにしています。

一見地味にも見えますが、かなり体を動かす作業なので、暑くて汗はダラダラ!一日動くと夕方にはヘトヘトになります。

そんな大変な作業なのですが、田んぼのあぜは実は生きものたちの棲家でもあります。

除草剤を使わずに草刈りをして管理をすることは、自然界の生きものにとって、とてもとても大事な事です。

虫たちが豊かに暮らせる環境を作り、その環境で育てたお米を食べて、人間も笑顔で健康に暮らせる、その両方の命を育むお米がやまびこ米コシヒカリです。

田んぼの稲は田植えをしてからもうこんなに大きくなりました。

天候に左右される作物なので心配は尽きませんが、9月に美味しい新米をあなた様に届けられるよう、生きものと共にしっかり見守っていきます。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

旦飯野神社の大祓祭でやまびこ米コシヒカリを販売します!

平成29年6月30日(金)13時30分から、阿賀野市のパワースポットで有名な旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)で大祓祭が開催されます。

旦飯野神社さまには昨年末からお世話になっていて、今現在もやまびこ農産の自慢のお米「やまびこ米コシヒカリ」をお守りコーナーの脇で、常時販売させてもらっています。

お賽銭箱に500円を入れて一箱(2合入り)購入できるシステムで、御利益があるお米が食べれて嬉しい!と多くの参拝客様から喜ばれています。

旦飯野神社は実は笹神地区に米作りを伝えた神社でもあり、お米とは縁が深い神社でもあります。

大祓祭では私もお米販売で神社に居りますので、お時間のあるかたは是非来てみて下さい。

家内安全、身体健康、商売繁盛をお祈りしましょう。

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

写真22枚!新潟の米農家「やまびこ農産」田植え体験2017レポート!

2017年6月4日(日)新潟県阿賀野市五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では毎年恒例の田植え体験イベントを開催しました!

今年で5年を向かえる今回は記念すべき回にになります。

参加者は総勢50名。約20組の親子に集まって頂き、過去最大級の規模の田植えの人数(面積はなんといつもの4倍)です。

リピーターが半分、新規の方が半分とという内訳。
昨年に続き今回も当社のオリジナル商品「いちご大福の素」を使った、いちご大福教室で出会った方も数名いらっしゃいました。

こちらが思い描いている、「いちご大福教室経由田んぼ行き」の流れが少しずつ形になってきていることに喜びを感じます。

 

さてさて、それでは写真を多めに22枚使い、今日の田植え体験イベントのレポートです。

昨日から今朝まで雨が降っていて、天気がすごく心配だったのですが、雨は全く降らずに天気はまずまず。

最初はちょっと寒かったけど、動いているとそんなに気になりませんでした。

今回も順調に育ったポット苗(コシヒカリ)の「成苗」を植えます。成苗作りは手間が掛かりますが、無農薬で雑草に負けない稲にするためには最高の苗です!

 

地元笹神から参加の小学生!もくもくと植える姿が頼もしかったな。

 

こちらは実家が勝屋の小学生。スタートダッシュはさすが地元っ子でした!

 

初参加の女の子も真剣に田植えをしている姿はいつ見ても可愛いものです。

 

二年目の参加の子はちょっとお姉さん気分で♪

 

いつも来てくれるベテランも健在!無理言って戦力として来てもらって助かりました!

 

田植えそっちのけで田んぼ周辺の生きもの探しに夢中な子供達。
この光景がここのイベントらしさかな・・・

田植えにきて田植えをしない子供多数(笑)

 

「超デカイたけのこがあった~」とか、田植えなんて関係なし!

 

彼ら曰く、竹を割って流しそうめんを作ったそうで(意味不明)感動していたところをピース。

とにかく楽しそうでした。

 

生きもの探しに夢中の彼は満面の笑みで仕掛けた網を持ってくる!

 

網の中にはオタマジャクシ、オニヤンマのヤゴ、アカハライモリがどっさり。

 

生きものに夢中になる子供を見ているとホント癒されますね~

ここでは虫嫌いな子も克服できます。

 

12時になり田植えも終わったところでお昼ご飯。

 

メニューは毎年恒例の具だくさん豚汁と

 

小田製陶所さんの蒸しかまどで炊いた炊き立てのごはん!

今回5年目の企画としての目玉が、この蒸しかまどで炊くホッカホカのごはんなのです!

 

昨年のイベントで収穫した無農薬自然乾燥コシヒカリを田んぼの脇で炊く、何とも贅沢な飯!

 

おこげも超うまそ~~~!!!!

 

それぞれ好きなご飯のお供を乗せて、食べるスタイルは楽しくておいしい。

 

子供の一番人気はのりたまのふりかけ(笑)
良いんですよ。こういうので。いっぱい遊んでいっぱい食べれば良いんですから!

 

大人は上品に良いモノを乗せますね。美しい!!
漬物類はほぼ手作りです。

お米は小田製陶所さんに4升炊いてもらったのですが、50人で簡単にペロリ(子供が半数以上なのに・・・)

 

ご飯が足りなくなり、私がありつけたのはこのおこげだけでした(笑)

まずは、皆さんに喜んでもらえて良かったです。9月24日の稲刈りの時には6升に増やそうと思います。

 

そして次回「草取り・生きもの調査」7月9日!

やまびこ農産の特製そばですよーー!お楽しみに♪

 

閉会後には村杉温泉「室町」さんのお風呂で私もしっかり温まらせてもらいました。
気持ち良かった~)^o^(

 

参加者の皆さん、協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟の五頭山麓の米農家、平成29年産やまびこ米の田植え状況。

五月も残すところあと二日になりました。こちら新潟県阿賀野市は今日もポカポカ陽気です。

そして本日もやまびこ農産では田植えの真っ最中!

平成29年の田植えは5月1日からスタートして、今日で26日目。。。

ちょっと農家を知ってる人には「えっまだやってるの!?」と言われてしまいますが、面積が多いので全然終わらないのですよ(笑)

毎日がむしゃらになって一カ月間、田植えをしています(^^)/

毎日田植え機に乗っている自分はただひたすら朝から夕方まで田植えをする。この繰り返しなので五月はあっという間に過ぎていきます。

今はほんの10㎝もない苗ですが、これから暖かくなってグングン伸びて成長していくのです。

今はその準備段階。元気に育つように願いを込めて!

透き通った五頭山からの伏流水と太陽の光をいっぱいに浴びて成長するやまびこ米!

食べてくれる人がいる事を励みに明日も田植えを頑張ります!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

 

 

出来た!出来た!お客様の声で米のパンフレットが出来ました!

もう手にしたお客様も多いと思いますが、やまびこ米コシヒカリのパンフレットが11月から変わりました!

%e3%82%84%e3%81%be%e3%81%b3%e3%81%93%e7%b1%b3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

自社で独自にコメをを販売し始めて約10年。今回のものでパンフレットは三版目となります。今まではデザインから印刷まで全て業者さんに頼んでいたのですが、今回は印刷のみが業者さんで、デザインは全て自分でやりました!

イラストレーターでも使えれば良いんですけど、そんなハイテクなものは使えないので全部wordで仕上げています。もうwordを極めてやろうってノリでやってますよ(笑)

まあそれはともかく、こだわったのはもちろん中身。

~お客様の物語で伝える~ やまびこ米を選んだ3つの理由という内容構成で、当社が長年取り続けたお客様の声を基にお米の紹介をする。

余所のお米のパンフレットとは少し違うテイストになっています。

img_20161129_0004

img_20161129_0005

売り手が言いたいことだけを言うのではなく、お客様が欲しい情報をいかにダイレクトに伝えられるかを意識しました!

やまびこ米を選んだ3つの理由

1.農家直接だから安心

2.家族で安全なお米が食べたい!

3.山沿いで育つお米が食べたい!

これらすべてはお客様からの生の言葉です。

15181561_1179346425478378_8904778905811980534_n

今現在のお客様の言葉で、これからの未来のお客様を呼び寄せることになるストーリー仕立て。

やまびこ農産のはファンの皆さんと共に農業を盛り上げていきます!

そして、これからもお客様の声コレクターのやまびこ農産にお客様の声、ドシドシ送って下さい(^_^)

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

減農薬でも生育良好!新之助の試験栽培、田植え後45日目。

ささかみやまびこ農産では現在、新之助の試験栽培をしています。田植えから45日が経った今日も順調に育っています。

新潟県の新ブランド米「新之助」は、一般販売は平成29年の新米からになりますが、当社では一年前の今年から、一般農家に先駆けて栽培をさせてもらっています。

image2

研究員の方々が並々ならぬ努力で、20万株の米から選別して、8年がかりで誕生した新之助。

今年の試験栽培では投入した肥料や農薬、作業内容を全て新潟県に報告しなければなりません。

さすがに制約が厳しい!

ちなみに今年の新之助の新米はすでに全量出荷先が決まっていて、

そこから特定の高級レストランなどに出荷されて、そこで消費者は初めて口にすることが出来ます。

image1

新潟県の指定では当初、栽培が容易なように化学肥料を規定量、病害虫予防の為に農薬も規定量を入れての栽培で、高品質な米を出荷してもらいたいとの事でしたが、それではこの地域の特色である自然環境に配慮したコメづくりが出来ないので、化学肥料・農薬を50%削減した栽培方法で取り組ませてもらっています。

おそらくこの栽培基準はこの地域が県内で唯一だと思います。

これが上手くいけば、徐々に削減率を上げていって、いずれは完全無農薬でも栽培してみたい!

新之助の無農薬米第一号になれたらいいな。

それも消費者の方と一緒に草取りとかして一緒に育てていけたら、おもしろいなーって思います。

コシヒカリとは異なる美味しさなので、食べ比べは絶対やりたいところです!

普及する前にこっそり計画を練っておこう。。。うしし。。。

減農薬・有機栽培米の新潟県ささかみ産コシヒカリやまびこ米 (有)ささかみやまびこ農産