「体験イベント」カテゴリーアーカイブ

新潟の自然体験おにぎりランチで五感刺激!本日の東京からのお客様。

今日は関東近郊から7名のお客様にささかみやまびこ農産の田んぼへお越しいただきました!

新潟の雄大な自然美の中で、五感を通じて本来の自分を取り戻す集中プログラム

~新潟リトリート「蓮が誘う、極上の時間」~という一泊二日で企画されたツアーの中に、

当社の自然田んぼ体験と田んぼでおにぎりランチをほぼメインに組み込んでもらいました!

ありがとうございます。

お米の栽培方法の説明や生きもの、自然を守りながらの米作りの話などをしていたのですが、到着して何分も経たないうちに

「田んぼに入ってもいいですか!?」

足まくりをして裸足で田んぼに突入!!

「土の感触が最高に気持ちいい(^^)/」

滅多に触れることのない田んぼに足を入れ、地球のエネルギーを存分に感じ取ったことでしょう!

 

今日の田んぼランチはこちら。

やまびこ米コシヒカリのおにぎり。

地元野菜の具だくさん豚汁。

あま~い たまご焼き。

彩鮮やかな漬物たち。

今日のランチメニューは全部、私の同級生が料理長の村杉温泉の割烹旅館室町さんに作ってもらいました。

ありがとーーー!

初めての田んぼ脇で食べるランチに、皆さん大興奮で美味しく楽しく頂きました♪

 

【最後に本日のお客様の声を一つご紹介します】

田んぼの土がとっても気持ちよくて、足からデトックスができました。

また、どじょうや、いもり、げんごろうなど、田んぼにこんなにたくさんの生き物がいる事も感動しました。

これからお米になる稲をとって青い米の部分を食べてさせて頂けたのも初体験です。

とうもろこしのあまくない物のようなあじですが、これがお昼にいただいたおにぎり成長していくんだと自然の恵みに感謝がわいてきました。

貴重な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

東京都 竹内君枝 様

 

実はこちらの感想にある通り、お米になる青い部分をみんなで食べてみたんです。パクパクパク。

竹内さまが感じた「とうもろこしのあまくない物のようなあじ」の穂

みんなでパクパク食べてしまいました(笑)

この穂がもうすぐ田んぼ一面に出てくるのが楽しみですね。

***

今日は滅多にない東京方面からのお客様でしたが、皆さんに想像以上に感動して頂いたようで、地元に戻ってどんどんささかみやまびこ農産をおススメします!と嬉しい声も頂戴しました。

やっぱり一度、現地に来るだけで感覚が全然違ってくるんですよね。

今日のご縁を大切に、これからも都会と田舎で繋がっていけたらうれしいです。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

やまびこ農産の「生きもの調査と草取り体験2017」イベントレポート!

2017年7月9日、今日は6月の田植えイベントに引き続き、ささかみやまびこ農産のイベント第2弾!本物の自然と遊ぶ!「田んぼの生きもの調査と草取り体験を」を開催しました。

参加者は田植えから参加している家族がほとんどで、15家族、約50名の参加となりました。

 

田植えは肌寒いくらいの天気でしたが、今日は最高気温32度という最高の暑さ!

熱中症にならないようにくれぐれも気を付けてと、スタートです。

 

田んぼの畦に横一列で並び、網と水槽をそれぞれ持って生き物調査!

 

稲の株の間を良く見て、動いてる生きものは全部捕まえます。

 

初めての人も半数くらいいるので、ゆっくりじっくりと。

 

こちら地元の3兄弟は最初からゴーイングマイウェイです。

たくましい。

 

捕まえた生きものは観察しやすいように平たいバットに移します。

 

それをチェックシートと図鑑とで照らし合わせていきます。

 

大人もしっかり図鑑で調べます。

 

途中で仕掛けていた網を取ってくる少年。

右側の子はたぶん「おい!それヤバいだろう!?」って言ってるよね。。。

 

なぜなら網のなかにはなんと、あの長い生物が?!

 

飴をほおばりながら笑顔で皆にみせに来る!たくましいですねー。

 

生きものの一番人気はやっぱりアカハライモリかな。

環境省が準絶滅危惧種に指定している生きものも沢山います!

 

↑写真を良く見るとイモリが一匹逃げてる・・・

 

生きもの調査の後は田んぼの草取り。

今年は雑草対策が上手くいって、無農薬なのにだいぶ草は少な目。

草はどこかな~って探しながらの草取りでした。

 

初めて田んぼに入ったという男の子。草取りも楽しかったようでした♪

 

そして、草取りの後も汗だくになってのカエルとり!

何も言わなくても子供だけで勝手に遊べるのはすごいですねー(^^)

 

この後にお昼ごはんに当社自家製の蕎麦を食べてめでたしめでたし。

次回、稲刈りは9月24日(日)です!またお待ちしています!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

日本の原風景を永遠に!米農家がホタル観賞会を開催する意義。

平成29年6月30日、新潟県五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では、無農薬コシヒカリを育てる田んぼの脇でホタル観賞会を開催しました。

当日の天気は朝から雨模様で、夕方には土砂降り!

開催も危ぶまれる悪天候だったのですが、夜7時過ぎからは奇跡的にずっと晴れていて、8時過ぎに見事に無数のホタルが舞ってくれました。

雨が上がって嬉しそうに舞うホタル。

主催者のこちらも、見に来てくれた人たちに喜んでもらう事が出来て本当にうれしかったです。(内心はかなりホッとしました・・・)

 

また、今回は電子ピアノの演奏付きで、幻想的な空間を更に盛り上げて頂きました。

奏者のTさん、電源を貸してくれた田んぼの地主のKさん、ご協力ありがとうございました!

多くの人は何となくのイメージでもわかると思いますが、蛍が生息する環境は徐々に減ってきています。

この阿賀野市五頭山麓でもごく一部でしか今は見ることができません。

蛍というのは特殊な生きもので、人間のいないところには棲めなくて、かといって人間が荒らした(除草剤などで草を枯らす)には棲めません。

ではどのに棲むのか???

 

人間が草刈りなどで、水路やあぜの管理が行き届いた場所です。

この条件と密接な関わりが持てるのは、私たち米農家であり、農家の取り組み一つで、蛍が生きるか死ぬかに大きく関わってきます。

 

私たちが大切に育てたお米が、この昔ながらの原風景を守っていく。

この関係性を忘れることなく、これからも生きものを大切にしながらの米作りを続けていきたい。

 

今回もこれだけの人が感動してくれるのですから、この環境は絶対に守っていかなくてはなりません。

 

それをいつも再確認させられるのがこのホタル観賞会なのです。

この動画は参加者の方が作ってくれました!

み~あ~げて~ごらん~空の~ほ~しを~

大勢の子供たちと素敵なひと時でした。。。

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

写真22枚!新潟の米農家「やまびこ農産」田植え体験2017レポート!

2017年6月4日(日)新潟県阿賀野市五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では毎年恒例の田植え体験イベントを開催しました!

今年で5年を向かえる今回は記念すべき回にになります。

参加者は総勢50名。約20組の親子に集まって頂き、過去最大級の規模の田植えの人数(面積はなんといつもの4倍)です。

リピーターが半分、新規の方が半分とという内訳。
昨年に続き今回も当社のオリジナル商品「いちご大福の素」を使った、いちご大福教室で出会った方も数名いらっしゃいました。

こちらが思い描いている、「いちご大福教室経由田んぼ行き」の流れが少しずつ形になってきていることに喜びを感じます。

 

さてさて、それでは写真を多めに22枚使い、今日の田植え体験イベントのレポートです。

昨日から今朝まで雨が降っていて、天気がすごく心配だったのですが、雨は全く降らずに天気はまずまず。

最初はちょっと寒かったけど、動いているとそんなに気になりませんでした。

今回も順調に育ったポット苗(コシヒカリ)の「成苗」を植えます。成苗作りは手間が掛かりますが、無農薬で雑草に負けない稲にするためには最高の苗です!

 

地元笹神から参加の小学生!もくもくと植える姿が頼もしかったな。

 

こちらは実家が勝屋の小学生。スタートダッシュはさすが地元っ子でした!

 

初参加の女の子も真剣に田植えをしている姿はいつ見ても可愛いものです。

 

二年目の参加の子はちょっとお姉さん気分で♪

 

いつも来てくれるベテランも健在!無理言って戦力として来てもらって助かりました!

 

田植えそっちのけで田んぼ周辺の生きもの探しに夢中な子供達。
この光景がここのイベントらしさかな・・・

田植えにきて田植えをしない子供多数(笑)

 

「超デカイたけのこがあった~」とか、田植えなんて関係なし!

 

彼ら曰く、竹を割って流しそうめんを作ったそうで(意味不明)感動していたところをピース。

とにかく楽しそうでした。

 

生きもの探しに夢中の彼は満面の笑みで仕掛けた網を持ってくる!

 

網の中にはオタマジャクシ、オニヤンマのヤゴ、アカハライモリがどっさり。

 

生きものに夢中になる子供を見ているとホント癒されますね~

ここでは虫嫌いな子も克服できます。

 

12時になり田植えも終わったところでお昼ご飯。

 

メニューは毎年恒例の具だくさん豚汁と

 

小田製陶所さんの蒸しかまどで炊いた炊き立てのごはん!

今回5年目の企画としての目玉が、この蒸しかまどで炊くホッカホカのごはんなのです!

 

昨年のイベントで収穫した無農薬自然乾燥コシヒカリを田んぼの脇で炊く、何とも贅沢な飯!

 

おこげも超うまそ~~~!!!!

 

それぞれ好きなご飯のお供を乗せて、食べるスタイルは楽しくておいしい。

 

子供の一番人気はのりたまのふりかけ(笑)
良いんですよ。こういうので。いっぱい遊んでいっぱい食べれば良いんですから!

 

大人は上品に良いモノを乗せますね。美しい!!
漬物類はほぼ手作りです。

お米は小田製陶所さんに4升炊いてもらったのですが、50人で簡単にペロリ(子供が半数以上なのに・・・)

 

ご飯が足りなくなり、私がありつけたのはこのおこげだけでした(笑)

まずは、皆さんに喜んでもらえて良かったです。9月24日の稲刈りの時には6升に増やそうと思います。

 

そして次回「草取り・生きもの調査」7月9日!

やまびこ農産の特製そばですよーー!お楽しみに♪

 

閉会後には村杉温泉「室町」さんのお風呂で私もしっかり温まらせてもらいました。
気持ち良かった~)^o^(

 

参加者の皆さん、協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟伊勢丹越品で苺大福作り!当日の体験者レビューを多数紹介!

平成29年4月23日、新潟伊勢丹2階の「越品」コーナーでささかみやまびこ農産の「いちご大福の素」を使った無料いちご大福教室を開催しました。

百貨店でいちご大福教室をやるのは初めてなので、当日までどんな感じになるのだろうと、楽しみと不安と感情が入り混じっていたのですが、ふたを開けてみたらビックリの大盛況!

 一人二つまで無料で作れるという、太っ腹な企画も後押しして順番待ちが何人も出る事態に!

スタッフは私、榎本と丸山の二人だったのですが、休憩する暇もないほど忙しく、内心もう一人、田んぼで仕事をしている五十嵐も連れて行けばよかったと思ったほどでした・・・

【体験レビューのご紹介】

今回、この越品「いちご大福の素」でいちご大福教室を体験して頂いたお客様から多数の体験レビューが届いているのでその一部をご紹介します!

子どもがまだ小さく一緒に苺大福を作ることができませんでしたが、できあがった大福はとても美味しそうに食べていました。

今回は夫と一緒に作りましたが、二人仲良く楽しく作れて良かったです!

次回は子どもと一緒に作れたら良いなあと思っており、大福の生地ももちもちやわらかく食べやすくて良かったです!!

江南区 E.O 様 23歳

いちご大福の素で作ったいちご大福をいただきました。出来たてで少し、軟らかく出来上がりましたが、美味でした。

三条市 木村冨美夫 様 72歳

 

こんなに美味しい大福をおうちでかんたんに作れるなんて!!しかもリーズナブルで大満足です!

次は他の果物も大福に入れてみます(^o^)♪

東区 M.S 様

 

この度は、いちご大福づくりを体験させていただいてありがとうございました。できたての大福はふかふかあったかくて、今まで味わったことのないおいしさでした。

子供達もう少し大きくなれば一緒につくれそうなので、その時はぜひ購入させてください。

新発田市 I.K 様

今回伊勢丹でのいちご大福作りイベントに参加して、お菓子作りの楽しさもあり、出来たいちご大福の味にも感激でした。

お餅作りもレンジでチンだけで、手軽にできるので、キットを買って帰り、小3、小1の孫と大福作りを楽しみました。

子ども達もおいしくて楽しくて大好きと喜んでいました。

中央区 Y.N 様 63歳

当日はバタバタしていて感想を聞いたりする暇もなかったのですが、このように、後からお客様から連日のように感想が届き、とても感激しています!

これからも地道に普及活動を続けていきます。

NIIGATA 越品

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産