「体験イベント」カテゴリーアーカイブ

みんな笑顔で汗かいた!「生き物調査&草取り体験」イベントレポート!

2018年7月8日。今年で6年目になる、ささかみやまびこ農産主催「本物の自然と遊ぶ!生きもの調査と草取りイベントを開催しました!

 

参加者は約50名。新潟市を中心に大変多くの方から、この阿賀野市五頭山麓にお越しいただきました。

当イベントは先月開催した田植えイベントに続き今年の第2弾!第3弾の稲刈り体験まで続くイベント3部作の中盤です。

田植えと稲刈りはよそでもあると思いますが、草取りをやるイベントははなかなか無いでしょう。

近所の人は草取りのイベントをするんですよと言うと、「へ~、物好きもいるもんだねー」などと笑われてしまいます。

でも、私たちが一番伝えたいのは実はここ。
ここにしかない本物の農業体験です!

【生きもの調査】

まずは生きもの調査からスタート。

ゲスト講師、JAささかみ職員の高山和彦氏に生きもの調査のやり方の説明のレクチャーを受けスタート!

 

大人も子供も真剣になって生きものを探します!

 

目をよーく凝らして、みつけましょう。

 

生きものを捕まえたら図鑑でしらべます。

 

見つけた生きものの中には、環境省の定める準絶滅危惧種のミズカマキリやアカハライモリ、トノサマガエルなど、珍しい生きものが沢山!!!

今回は約20種類の生き物を見つける事が出来ました。

 

また、講師の高山氏の生き物の生態に関する深~い話もかなり好評でした。

 

【草取り】

生きもの調査の後は草取りです。

 

普通の栽培だったら、除草剤を使うので草取りの必要はありません。

でもこちらは無農薬栽培。

どうしても草を取らなければいけません。
今回も参加者の皆さんのパワーで、田んぼの草をキレイに取ることができました!

 

ハッピースマイル!

草取りだって、楽しくやればみんな笑顔になるんですねー!

 

皆さん汗だくになりながらも最高の笑顔で草取り!

みなさん、お疲れ様でした!

 

お昼ごはんも好評でしたよ~(^o^)

 

【参加者の声をご紹介】

昨年も参加した「生きもの調査」と「草とり」でしたが、2回目ならではの気づきや楽しさがありました

天候や気温のちがいの為か、発見する生きものも違ったり、今回も赤はらいもりがいいたりと、私も子どもも存分に楽しめました。トノサマガエルの話はびっくりでした。

高山先生の解説とても興味深かったです。

草とりも昨年は幼い子も連れていたのであまりできなかったのですが、今回は熱中して稲の為に、水中の草たちを取れて満足です。

汗をかきながらの集中した時間、ある意味贅沢でした。稲刈りが楽しみです。

新潟市 迫 一成 さま

 

虫が少しこわかったです。

あとへびがかわいかったです。あとすごくきれいなとんぼがいてびっくりしました。

たのしかったよ!

わたなべ双葉 さま 7歳(2年生)

 

普段の生活では見つけない生き物をさわったり、貴重な体験ができました!

無農薬だからこそ子供を田んぼ、ビオトープにいれられます。

上の子男の子(4歳)はとても楽しんでいたし、周りの年上のお兄ちゃんにとても刺激をうけているし、よかったです!

下の子女の子(2歳)とにかく生き物が怖くて苦手ですが、来る度に少しずつでも慣れて楽しめるようになってくれたらなぁ~と思っています!

大人もどろまみれになったり、はだしでビオトープや田んぼに入ることがなかなかないので、今日も楽しかったです♪

新潟市 井上 健 さま

 

この他にも参加者の皆様から、嬉しい感想を沢山頂いています!
ありがとうございました!

次回は9月23日(日)
黄金の稲穂の収穫体験です!

詳しくは下記のサイトの8月中旬頃に新着情報にて発表になります。
大勢のご参加お待ちしております。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/新之助/有限会社ささかみやまびこ農産

参加者86名!やまびこ農産の「田植え体験イベント」レポート!

本日は、ささかみやまびこ農産の「田植え体験イベント2018~本物の自然と遊ぶ!~」を開催致しました。

当イベントは今回で6年目の開催!1回目から変わらずに、無農薬のコシヒカリの苗を田植えします!

 

最高気温は27℃の快晴!
史上最高86名の参加者!

最高の田植え日和です。

 

それぞれが最初に苗を確保して田植えに突入!

 

苗はこの田植え専用に育てたポット苗。

普通の苗は葉っぱが3~4枚の幼い苗なのですが、このポット苗は5~6枚の大人の苗で、無農薬で雑草に負けずに成長するようにこれを植えるようにしています。

 

今年はブルーの苗のカゴを30個用意して、子供達にも担いでもらって本格的な農家のスタイル!

 

↑泥パック(笑)

 


田植え完了後には全員で記念撮影。
田んぼ2枚(2000㎡)を約1時間半で終わりました。

 

田植えの後はお決まりの生き物探し!

 

今日はオタマジャクシがメインでしたが、良く見るとトンボのヤゴやドジョウも捕まえていました!

 

お待ちかねのお昼ごはん!

小田製陶所さんの蒸しかまどで、炊き立てのごはん!お米は昨年の稲刈りイベントで収穫した無農薬のコシヒカリで、全国大会で入賞した、あのお米!あのお米の詳しくはこちらのブログで・・・

 

小田製陶所の小田社長が、ふっくらピッカピカのご飯を炊き上げてくれました!

 

みんなでおいしいご飯と豚汁を頂き、フィナ~レ!!

今回も大勢の方に参加して、田んぼを楽しんでもらえて感謝しています。

ありがとうございました!!!

 

【最後に参加者の声のご紹介】

とても楽しかったし、田んぼの中やビオトープに入れることはなかなかないので、貴重な体験でした!自然にたくさん触れられて、大人も子供も楽しめました!ごはんもとっても美味しかったです。また参加したいです!

新潟市 井上健 様

自然の中でいっぱいあそべて田植えでき、私も子どもも大満足でした。素足で入ると気持ちいい!!生き物調査も楽しかったです。つやつやのごはん、つけもの、豚汁、おいしくておかわり最高でした!!

新潟市 中村麻衣子 様

いつも泥だらけで遊んだりがなかったり、親がやらせなかったりしてなかったけど、ここに来れば思いっきり泥だらけになれるので子供達も楽しそう。

新潟市 M.Y 様

******

次回は7月8日(日)。生き物調査と草取りを行います。
大人も真剣に生きものを捕まえて、どんな生きものが田んぼにいるのか図鑑で調べます。

お昼ごはんはツルッとお蕎麦とそうめんで!お楽しみに♪

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/新之助/有限会社ささかみやまびこ農産

インスタ映えのオシャレ米!「MY WEEK」の試食会をはらじゅく畑で開催!

2018年1月13日、ささかみやまびこ農産の新商品「MY WEEK」のお披露目試食会を東京で開催しました。

会場は、共にに商品開発をした、千駄ヶ谷にある食のアンテナショップ「はらじゅく畑」。

はらじゅく畑とは、今までにいちご大福の素を一緒に開発したり、長年やまびこ米コシヒカリを取り扱ってもらっている親しい間柄です。

今回の新商品「MY WEEK」は一年前から、開発を進めてきました。

「MY WEEK」のネーミングの由来は米を食べる一週間ということで、マイと米をかけています。

やまびこ米コシヒカリをベースに、玄米、五分づき、赤米、黒米、黒豆を混ぜた、7種類の彩鮮やかなお米で、土鍋で炊くとなかなかのインスタ映え!

都会で働く女性に、もっとお米を身近に、手軽に感じてもらえるようにと思い、まずは見た目から入った商品です。

試食会では美容・健康に関心が高い女性を中心にはらじゅく畑に集めてもらい、この日1日で6名×3回の試食会を行いました。

様々なジャンルの人に、理想的な売り場やどう広めていったいいのか意見を伺い、とても勉強になりました。

新潟ではまず聞かない「キーワード」がバンバン出てきました!

実は今回、新潟のテレビ局、BSNさんの密着取材もあり、新潟から同じ新幹線ではらじゅく畑に同行して、撮影をしてもらいました。

放送日はまた後日お知らせします!

↑一回目に参加してくれた皆さん!

↑二回目に参加してくれた皆さん

 

三回目はまさかの撮り忘れ(汗)

三回目の皆さんスミマセンでした!!!!

一日中ご飯を炊いて、くれたはらじゅく畑のきみママ

頼りになる協力者!アイディアマンの菜美子さん、いつもありがとうございます!

 

日本の米の消費量は年間8万トンずつ減っているのですが、都会の人ほど食べなくなってきているのは、感覚的に持っていました。

都会に売りたいという漠然な思いはあっても、新潟と東京は別次元で、生活のスタイル、リズム、考え方が全然違うのです。

そこをはらじゅく畑が繋いでくれて、「MY WEEK」を通してお米の魅力を新たな層に伝えていけることが嬉しくワクワクします。

試食会の話の中で、英語のパンフレットも必要かもね!なんて話も出て来て、これからどう広がっていくのか楽しみです。

まだ、営業、プロモーションなどやることは山積みですが、どんどん挑戦していきます。

instagram@myweek007 ←フォローはお気軽に

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/新之助/有限会社ささかみやまびこ農産

五頭の里山からのお客様。特別天然記念物「ニホンカモシカ」

先日、ささかみやまびこ農産が栽培する蕎麦畑の裏山から、思いがけないお客様が登場しました。

野生のニホンカモシカさんです。

自分も動物のことは詳しくありませんが、なんとなく希少だってことは、ブログを読んでいる皆さんの中でもイメージとしてありますよね。

 

「ニホンカモシカ」は国の特別天然記念物に指定されている、非常に珍しい動物です。

生活圏は山の斜面で、崖みたいなところが好きなんだそうです。

好奇心が旺盛で、人間に会いに来ることもあるらしい。

この日は、山中の散歩がてらに、人間に会いに来たんですかね。

カメラ目線の愛くるしい表情がかわいいです。

 

出没した場所はつい先日、9月24日に稲刈りイベントを開催したすぐ隣の蕎麦畑。

 

もしも、イベントの日に現れていたら凄いことになったんでしょうね。

 

カモシカさん、今度はイベントの日にどうぞお越しください。

いつも山を守っていてくれてありがとう。

 

それではまた~~(^^)/

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟の米農家「やまびこ農産」稲刈り体験!参加者100人に到達!

今日は新潟県阿賀野市の米農家「ささかみやまびこ農産」本物の自然と遊ぶ!米作り体験イベントの日。

「6月の田植え」「7月の生きもの調査・草取り」に続き、今年のフィナーレ「稲刈り」を開催しました。

今回の稲刈りは、なんと!参加者100名!!(いつもは5,60名です)

今年5年目を迎えた当イベントなのですが、想像を遥かに超える人数が集まり、思わぬ形でフィナーレの稲刈りをめでたく開催することとなりました。

ホントありがたいです。

 

最近の天気は毎日のように、夜雨が降る。。。

不吉な天気が続いていたのですが、昨晩はそんなことはなく、今日めちゃくちゃいい天気になりました!(^^)!

 

当イベントの稲刈りは、子供も大人もやることは同じで、刈り取った稲をわらで縛ります(こちらではまるけると言います)

講師は柏崎から来てくれた、農家の上野さん。

イベントのたびに毎回手伝いに来てくれる心強い味方です。

 

周りの人の協力を得て、子供たちもしっかり仕事!

たくましいですねー( ^^)

 

みんなで、刈り取って、まるけた稲を杭にかけて、自然乾燥させます。

 

稲刈りの青空ってすごく好きです。

ウサギの形の雲を発見しました!

 

子供に負けず、大人も稲刈りを楽しんでいますよーー♪

 

子供たちはお決まりの、水生生物に夢中に!

今日は時期的に少なかったのですが、タイコウチ、コオイムシ、ゲンゴロウ類を発見しました。

 

陸地のバッタ類も沢山いましたね ^^)

 

稲刈りを終え、100人の参加者とスタッフで集合写真。

昨年までは、バインダーという機械を使って半分くらいの面積を刈っていたのですが、今日は全面積を手刈りで終わらせることが出来ました!

やっぱり人力は侮れません。。

 

お待ちかねのお昼ご飯。

田植えに続き「小田製陶所さんの蒸しかまどごはん」です。

 

今日用意した米の量は、1斗2升。

そう、なんと!12升です!(小田さんもこんなに一日で炊いたのは初めてだそうで(笑))

 

この炊き立ての新米コシヒカリが、もう最高で。

 

好きなごはんのお供を盛り付けてモリモリたべます。

 

鳥の声を聴きながら、のどかなお昼ごはんでした。

 

***

最後に、参加者の中から抜粋した3名の参加者の声をご紹介。

 

今年、初参加で小4の娘と一緒に大自然の恵みをたくさんたくさん楽しむ事ができ、本当に良かったです。

「毎日給食にこんなにおいしいごはんがでたらよいのに~」

と新米のおいしさにとても感動していました。

また来年も参加したいです。

新潟市 高島詠子さま

 

参加者100名ってびっくり。

楽しさも100倍の稲刈りイベント。

2度目の稲刈りでしたが、苦労っていうより、楽しさが勝っていました。

自然と共存することが未来につながると思います。

人が自然をこわし、今はその自然を元にもどすことがクローズアップされていますが、昔はその自然と共存した農業だったと思います。

仕事は農業ではありませんが、イベントを通して自然の優しさ、きびしさを知り、自然と共存共栄をより意識して暮らしたいと思います。

おいしいお米ありがとう。

新潟市 相良省吾さま

 

今日はおつかれさまでした。

今回、稲刈りイベントに初めて参加しましたが、大自然の中でとても空気も良くすばらしい体験をさせてもらいました。

子供たちも、カマでの稲刈り、初めてで、どろんこになりながら楽しんでいました。めずらしい虫もたくさんいて夢中になりつかまえていました。

炊き立てのピカピカのごはん、とん汁、つけものなど、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

やまびこ農産のみなさん、とても良いイベントを計画して下さり、ありがとうございました。参加して良かったです。

胎内市 川崎由香さま

 

***

 

今年で5年目のイベントも無事終えることができ、まずはひと段落です。

最初は20人くらいから始めたイベントが、5年後に100人になるとは、目標にもしていなかったのですが、一つの結果として残すことが出来て良かったです。

 

これからもやることは変わらないと思います。

 

この五頭山麓で取り組む、自然と共にある農業をしっかり受け入れ、やれることを全力でやって、未来につなげていきたいです。

 

現地に来てくれることは最高に嬉しい事ですが、イベントに参加する、しないに関わらず、やっぱり応援してくれる皆様がいると思うからこそがんばれます。

今日見た、子供たちの笑顔の為にも農業界でこれからもがんばっていきます(´▽`)

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

新潟の自然体験おにぎりランチで五感刺激!本日の東京からのお客様。

今日は関東近郊から7名のお客様にささかみやまびこ農産の田んぼへお越しいただきました!

新潟の雄大な自然美の中で、五感を通じて本来の自分を取り戻す集中プログラム

~新潟リトリート「蓮が誘う、極上の時間」~という一泊二日で企画されたツアーの中に、

当社の自然田んぼ体験と田んぼでおにぎりランチをほぼメインに組み込んでもらいました!

ありがとうございます。

お米の栽培方法の説明や生きもの、自然を守りながらの米作りの話などをしていたのですが、到着して何分も経たないうちに

「田んぼに入ってもいいですか!?」

足まくりをして裸足で田んぼに突入!!

「土の感触が最高に気持ちいい(^^)/」

滅多に触れることのない田んぼに足を入れ、地球のエネルギーを存分に感じ取ったことでしょう!

 

今日の田んぼランチはこちら。

やまびこ米コシヒカリのおにぎり。

地元野菜の具だくさん豚汁。

あま~い たまご焼き。

彩鮮やかな漬物たち。

今日のランチメニューは全部、私の同級生が料理長の村杉温泉の割烹旅館室町さんに作ってもらいました。

ありがとーーー!

初めての田んぼ脇で食べるランチに、皆さん大興奮で美味しく楽しく頂きました♪

 

【最後に本日のお客様の声を一つご紹介します】

田んぼの土がとっても気持ちよくて、足からデトックスができました。

また、どじょうや、いもり、げんごろうなど、田んぼにこんなにたくさんの生き物がいる事も感動しました。

これからお米になる稲をとって青い米の部分を食べてさせて頂けたのも初体験です。

とうもろこしのあまくない物のようなあじですが、これがお昼にいただいたおにぎり成長していくんだと自然の恵みに感謝がわいてきました。

貴重な経験をさせて頂き本当にありがとうございました。

東京都 竹内君枝 様

 

実はこちらの感想にある通り、お米になる青い部分をみんなで食べてみたんです。パクパクパク。

竹内さまが感じた「とうもろこしのあまくない物のようなあじ」の穂

みんなでパクパク食べてしまいました(笑)

この穂がもうすぐ田んぼ一面に出てくるのが楽しみですね。

***

今日は滅多にない東京方面からのお客様でしたが、皆さんに想像以上に感動して頂いたようで、地元に戻ってどんどんささかみやまびこ農産をおススメします!と嬉しい声も頂戴しました。

やっぱり一度、現地に来るだけで感覚が全然違ってくるんですよね。

今日のご縁を大切に、これからも都会と田舎で繋がっていけたらうれしいです。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

やまびこ農産の「生きもの調査と草取り体験2017」イベントレポート!

2017年7月9日、今日は6月の田植えイベントに引き続き、ささかみやまびこ農産のイベント第2弾!本物の自然と遊ぶ!「田んぼの生きもの調査と草取り体験を」を開催しました。

参加者は田植えから参加している家族がほとんどで、15家族、約50名の参加となりました。

 

田植えは肌寒いくらいの天気でしたが、今日は最高気温32度という最高の暑さ!

熱中症にならないようにくれぐれも気を付けてと、スタートです。

 

田んぼの畦に横一列で並び、網と水槽をそれぞれ持って生き物調査!

 

稲の株の間を良く見て、動いてる生きものは全部捕まえます。

 

初めての人も半数くらいいるので、ゆっくりじっくりと。

 

こちら地元の3兄弟は最初からゴーイングマイウェイです。

たくましい。

 

捕まえた生きものは観察しやすいように平たいバットに移します。

 

それをチェックシートと図鑑とで照らし合わせていきます。

 

大人もしっかり図鑑で調べます。

 

途中で仕掛けていた網を取ってくる少年。

右側の子はたぶん「おい!それヤバいだろう!?」って言ってるよね。。。

 

なぜなら網のなかにはなんと、あの長い生物が?!

 

飴をほおばりながら笑顔で皆にみせに来る!たくましいですねー。

 

生きものの一番人気はやっぱりアカハライモリかな。

環境省が準絶滅危惧種に指定している生きものも沢山います!

 

↑写真を良く見るとイモリが一匹逃げてる・・・

 

生きもの調査の後は田んぼの草取り。

今年は雑草対策が上手くいって、無農薬なのにだいぶ草は少な目。

草はどこかな~って探しながらの草取りでした。

 

初めて田んぼに入ったという男の子。草取りも楽しかったようでした♪

 

そして、草取りの後も汗だくになってのカエルとり!

何も言わなくても子供だけで勝手に遊べるのはすごいですねー(^^)

 

この後にお昼ごはんに当社自家製の蕎麦を食べてめでたしめでたし。

次回、稲刈りは9月24日(日)です!またお待ちしています!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

 

日本の原風景を永遠に!米農家がホタル観賞会を開催する意義。

平成29年6月30日、新潟県五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では、無農薬コシヒカリを育てる田んぼの脇でホタル観賞会を開催しました。

当日の天気は朝から雨模様で、夕方には土砂降り!

開催も危ぶまれる悪天候だったのですが、夜7時過ぎからは奇跡的にずっと晴れていて、8時過ぎに見事に無数のホタルが舞ってくれました。

雨が上がって嬉しそうに舞うホタル。

主催者のこちらも、見に来てくれた人たちに喜んでもらう事が出来て本当にうれしかったです。(内心はかなりホッとしました・・・)

 

また、今回は電子ピアノの演奏付きで、幻想的な空間を更に盛り上げて頂きました。

奏者のTさん、電源を貸してくれた田んぼの地主のKさん、ご協力ありがとうございました!

多くの人は何となくのイメージでもわかると思いますが、蛍が生息する環境は徐々に減ってきています。

この阿賀野市五頭山麓でもごく一部でしか今は見ることができません。

蛍というのは特殊な生きもので、人間のいないところには棲めなくて、かといって人間が荒らした(除草剤などで草を枯らす)には棲めません。

ではどのに棲むのか???

 

人間が草刈りなどで、水路やあぜの管理が行き届いた場所です。

この条件と密接な関わりが持てるのは、私たち米農家であり、農家の取り組み一つで、蛍が生きるか死ぬかに大きく関わってきます。

 

私たちが大切に育てたお米が、この昔ながらの原風景を守っていく。

この関係性を忘れることなく、これからも生きものを大切にしながらの米作りを続けていきたい。

 

今回もこれだけの人が感動してくれるのですから、この環境は絶対に守っていかなくてはなりません。

 

それをいつも再確認させられるのがこのホタル観賞会なのです。

この動画は参加者の方が作ってくれました!

み~あ~げて~ごらん~空の~ほ~しを~

大勢の子供たちと素敵なひと時でした。。。

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

写真22枚!新潟の米農家「やまびこ農産」田植え体験2017レポート!

2017年6月4日(日)新潟県阿賀野市五頭山麓の米農家「ささかみやまびこ農産」では毎年恒例の田植え体験イベントを開催しました!

今年で5年を向かえる今回は記念すべき回にになります。

参加者は総勢50名。約20組の親子に集まって頂き、過去最大級の規模の田植えの人数(面積はなんといつもの4倍)です。

リピーターが半分、新規の方が半分とという内訳。
昨年に続き今回も当社のオリジナル商品「いちご大福の素」を使った、いちご大福教室で出会った方も数名いらっしゃいました。

こちらが思い描いている、「いちご大福教室経由田んぼ行き」の流れが少しずつ形になってきていることに喜びを感じます。

 

さてさて、それでは写真を多めに22枚使い、今日の田植え体験イベントのレポートです。

昨日から今朝まで雨が降っていて、天気がすごく心配だったのですが、雨は全く降らずに天気はまずまず。

最初はちょっと寒かったけど、動いているとそんなに気になりませんでした。

今回も順調に育ったポット苗(コシヒカリ)の「成苗」を植えます。成苗作りは手間が掛かりますが、無農薬で雑草に負けない稲にするためには最高の苗です!

 

地元笹神から参加の小学生!もくもくと植える姿が頼もしかったな。

 

こちらは実家が勝屋の小学生。スタートダッシュはさすが地元っ子でした!

 

初参加の女の子も真剣に田植えをしている姿はいつ見ても可愛いものです。

 

二年目の参加の子はちょっとお姉さん気分で♪

 

いつも来てくれるベテランも健在!無理言って戦力として来てもらって助かりました!

 

田植えそっちのけで田んぼ周辺の生きもの探しに夢中な子供達。
この光景がここのイベントらしさかな・・・

田植えにきて田植えをしない子供多数(笑)

 

「超デカイたけのこがあった~」とか、田植えなんて関係なし!

 

彼ら曰く、竹を割って流しそうめんを作ったそうで(意味不明)感動していたところをピース。

とにかく楽しそうでした。

 

生きもの探しに夢中の彼は満面の笑みで仕掛けた網を持ってくる!

 

網の中にはオタマジャクシ、オニヤンマのヤゴ、アカハライモリがどっさり。

 

生きものに夢中になる子供を見ているとホント癒されますね~

ここでは虫嫌いな子も克服できます。

 

12時になり田植えも終わったところでお昼ご飯。

 

メニューは毎年恒例の具だくさん豚汁と

 

小田製陶所さんの蒸しかまどで炊いた炊き立てのごはん!

今回5年目の企画としての目玉が、この蒸しかまどで炊くホッカホカのごはんなのです!

 

昨年のイベントで収穫した無農薬自然乾燥コシヒカリを田んぼの脇で炊く、何とも贅沢な飯!

 

おこげも超うまそ~~~!!!!

 

それぞれ好きなご飯のお供を乗せて、食べるスタイルは楽しくておいしい。

 

子供の一番人気はのりたまのふりかけ(笑)
良いんですよ。こういうので。いっぱい遊んでいっぱい食べれば良いんですから!

 

大人は上品に良いモノを乗せますね。美しい!!
漬物類はほぼ手作りです。

お米は小田製陶所さんに4升炊いてもらったのですが、50人で簡単にペロリ(子供が半数以上なのに・・・)

 

ご飯が足りなくなり、私がありつけたのはこのおこげだけでした(笑)

まずは、皆さんに喜んでもらえて良かったです。9月24日の稲刈りの時には6升に増やそうと思います。

 

そして次回「草取り・生きもの調査」7月9日!

やまびこ農産の特製そばですよーー!お楽しみに♪

 

閉会後には村杉温泉「室町」さんのお風呂で私もしっかり温まらせてもらいました。
気持ち良かった~)^o^(

 

参加者の皆さん、協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟伊勢丹越品で苺大福作り!当日の体験者レビューを多数紹介!

平成29年4月23日、新潟伊勢丹2階の「越品」コーナーでささかみやまびこ農産の「いちご大福の素」を使った無料いちご大福教室を開催しました。

百貨店でいちご大福教室をやるのは初めてなので、当日までどんな感じになるのだろうと、楽しみと不安と感情が入り混じっていたのですが、ふたを開けてみたらビックリの大盛況!

 一人二つまで無料で作れるという、太っ腹な企画も後押しして順番待ちが何人も出る事態に!

スタッフは私、榎本と丸山の二人だったのですが、休憩する暇もないほど忙しく、内心もう一人、田んぼで仕事をしている五十嵐も連れて行けばよかったと思ったほどでした・・・

【体験レビューのご紹介】

今回、この越品「いちご大福の素」でいちご大福教室を体験して頂いたお客様から多数の体験レビューが届いているのでその一部をご紹介します!

子どもがまだ小さく一緒に苺大福を作ることができませんでしたが、できあがった大福はとても美味しそうに食べていました。

今回は夫と一緒に作りましたが、二人仲良く楽しく作れて良かったです!

次回は子どもと一緒に作れたら良いなあと思っており、大福の生地ももちもちやわらかく食べやすくて良かったです!!

江南区 E.O 様 23歳

いちご大福の素で作ったいちご大福をいただきました。出来たてで少し、軟らかく出来上がりましたが、美味でした。

三条市 木村冨美夫 様 72歳

 

こんなに美味しい大福をおうちでかんたんに作れるなんて!!しかもリーズナブルで大満足です!

次は他の果物も大福に入れてみます(^o^)♪

東区 M.S 様

 

この度は、いちご大福づくりを体験させていただいてありがとうございました。できたての大福はふかふかあったかくて、今まで味わったことのないおいしさでした。

子供達もう少し大きくなれば一緒につくれそうなので、その時はぜひ購入させてください。

新発田市 I.K 様

今回伊勢丹でのいちご大福作りイベントに参加して、お菓子作りの楽しさもあり、出来たいちご大福の味にも感激でした。

お餅作りもレンジでチンだけで、手軽にできるので、キットを買って帰り、小3、小1の孫と大福作りを楽しみました。

子ども達もおいしくて楽しくて大好きと喜んでいました。

中央区 Y.N 様 63歳

当日はバタバタしていて感想を聞いたりする暇もなかったのですが、このように、後からお客様から連日のように感想が届き、とても感激しています!

これからも地道に普及活動を続けていきます。

NIIGATA 越品

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産