笹岡小学校の農業体験!本日届いた心温まるお礼状を紹介!

先日、地元阿賀野市の笹岡小学校から、6年生の5名がささかみやまびこ農産に農業の体験学習に来ました。

笹岡小の6年生は自分でどの業種を学びたいのかを選択をして、それぞれ希望の業種で学ぶのだそうで、他には、ケーキ屋、旅館業、木工アートがあったそうです。

当社での体験内容は、ナスの収穫が終わったビニールハウスの後片付けです。

草止めに使っていたビニールマルチを剥いだり、ナスを吊るす支えにしていたタコ糸の撤去を行いました。

それぞれ自分で農業を選択してきただけあって、動きも良くみんな一生懸命に働いてくれました。

 

作業の後は、片づけ終わったハウスの中で、パソコンを使ってやまびこ農産の仕事についての説明をしました。

 

少人数だったこともあり、和気あいあいと楽しく学んでくれたと思います。

 

本日、体験学習に来た、5名の小学生からのお礼の手紙が届いたので紹介します。

 

6年 H.E 君より

僕が印象に残ったのは、ビニールハウスでの体験です。一番難しかったのは、スプリンクラーをまくことです。

楽しかったことは、上にぶら下がっているひもをわきにかける仕事です。ぼうを使ってわきにかけたりかけなおしたりする事がたのしかったです。

本当にありがとうございました。

また、いきます。

 

6年 S.I 君より

お米を作るために、色々なじゅんびがあることを学びました。

とても大変な仕事だと思いました。

ぼくも大人になったら、お米を作る仕事をしたいです。

 

6年 Y.S 君より

僕が難しかったことは、ロープを横の棒にまきつける作業がとても難しかったけど、とても楽しく作業ができました。

すごいと思ったことは米作りだけじゃなくて野菜作りもやっていたのでとてもすごいと思いました。

今後このことをいかして、家の米作りや野菜作りなどでもやっていきたいです。

 

6年 D.T 君より

印象に残ったことは、かんたんなのかなぁと思っていたけど、意外に難しかったところ、こういうのを毎年やっているのかーと思いました。

学んで「とにかくやってみる!」という言葉がいいと思いました。

 

6年 A.Y 君より

印象に残った言葉は「人によろこんでもらうのが、本当のよろこび」という言葉が印象に残りました。

そして、すごいなあと思ったことは、作っているのは米だけでなく野菜、花なども作っていると聞いて、すごいと思いました。

これから生かしたいことは、もし大人になって農業をやる時は、米だけでなく野菜、花なども作ってみようと思います。

 

心のこもった丁寧な、お手紙ありがとうございます!

 

本当は収穫体験などがやりたかったのかもしれませんが、ちょうど時期的に収穫物がなく、片付けの作業になりました。

でも、これもとても大事な作業で、このような表に出ない裏の作業の方がとにかくいっぱいあります。

難しいとか、大変とかも、もちろんありますが、そのぶん喜びもあります!

個人個人で感じ方は違うと思いますが、今回の体験が、少しでも将来につながってくれたら嬉しく思います。

また、きてください。

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/新之助/有限会社ささかみやまびこ農産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です