shota のすべての投稿

遂に来た!日本最大の米コンでやまびこ米が最終審査にノミネート!

先週の事。

思わぬプレゼントが届きました。

 

ささかみやまびこ農産の米が「第19回 米・食味分析鑑定コンクール」最終審査にノミネートされたとの連絡が・・・

まさかまさかの、全国大会で入賞確定です!

11月26日に山形県真室川町で開催される最終審査と表彰式に行ってきます(^^)/

最終審査で上位は金賞、それ以外の者は特別優秀賞となるので、必ずどちらかは受賞します。。。

 

まさか、こんなに早く、この時が来るとは思ってもいませんでした。

 

実はコンテストの出品は7年前から。

当時は、既存の農業スタイルに嫌気を差していた時期で、敷かれたレールに乗せられている嫌悪感がハンパなく、どこで脱線してやろうかと毎日考えていた時期です。

 

それで思いついた一つの手段が、コンテストで入賞することでした。

とにかく、新しい道を探してもがいていたなあ。

 

ただ、結果は毎年惨敗で、なにかと理由を付けて、次第にコンテストの熱は冷めていきました。

 

今回の受賞は正直、まさかの受賞です。

狙って獲れるものではないとわかっていたので、全く意識していませんでした。(今回の会場が山形なのも知らないくらい・・・)

 

初出品した7年前には、妻と群馬県の川場村の会場まで、全国大会を見に行ったことも。

試食されるのは最終審査に残った米のみで、99.9999%は機械が判断する一次、二次の審査で落とされています。

その機械の審査をクリアしたのが今回のやまびこ米。

会場にはおじいさんしか居ませんでした(笑)

 

いつかは俺もという想いで、目標とする米袋の前でパシャリ。

受験生が、目指す学校の校門の前で獲るあの感覚で。

 

これが叶ったのかと思うと、なんとも言えません(^_^;)

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

五頭の里山からのお客様。特別天然記念物「ニホンカモシカ」

先日、ささかみやまびこ農産が栽培する蕎麦畑の裏山から、思いがけないお客様が登場しました。

野生のニホンカモシカさんです。

自分も動物のことは詳しくありませんが、なんとなく希少だってことは、ブログを読んでいる皆さんの中でもイメージとしてありますよね。

 

「ニホンカモシカ」は国の特別天然記念物に指定されている、非常に珍しい動物です。

生活圏は山の斜面で、崖みたいなところが好きなんだそうです。

好奇心が旺盛で、人間に会いに来ることもあるらしい。

この日は、山中の散歩がてらに、人間に会いに来たんですかね。

カメラ目線の愛くるしい表情がかわいいです。

 

出没した場所はつい先日、9月24日に稲刈りイベントを開催したすぐ隣の蕎麦畑。

 

もしも、イベントの日に現れていたら凄いことになったんでしょうね。

 

カモシカさん、今度はイベントの日にどうぞお越しください。

いつも山を守っていてくれてありがとう。

 

それではまた~~(^^)/

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

新潟の米農家「やまびこ農産」稲刈り体験!参加者100人に到達!

今日は新潟県阿賀野市の米農家「ささかみやまびこ農産」本物の自然と遊ぶ!米作り体験イベントの日。

「6月の田植え」「7月の生きもの調査・草取り」に続き、今年のフィナーレ「稲刈り」を開催しました。

今回の稲刈りは、なんと!参加者100名!!(いつもは5,60名です)

今年5年目を迎えた当イベントなのですが、想像を遥かに超える人数が集まり、思わぬ形でフィナーレの稲刈りをめでたく開催することとなりました。

ホントありがたいです。

 

最近の天気は毎日のように、夜雨が降る。。。

不吉な天気が続いていたのですが、昨晩はそんなことはなく、今日めちゃくちゃいい天気になりました!(^^)!

 

当イベントの稲刈りは、子供も大人もやることは同じで、刈り取った稲をわらで縛ります(こちらではまるけると言います)

講師は柏崎から来てくれた、農家の上野さん。

イベントのたびに毎回手伝いに来てくれる心強い味方です。

 

周りの人の協力を得て、子供たちもしっかり仕事!

たくましいですねー( ^^)

 

みんなで、刈り取って、まるけた稲を杭にかけて、自然乾燥させます。

 

稲刈りの青空ってすごく好きです。

ウサギの形の雲を発見しました!

 

子供に負けず、大人も稲刈りを楽しんでいますよーー♪

 

子供たちはお決まりの、水生生物に夢中に!

今日は時期的に少なかったのですが、タイコウチ、コオイムシ、ゲンゴロウ類を発見しました。

 

陸地のバッタ類も沢山いましたね ^^)

 

稲刈りを終え、100人の参加者とスタッフで集合写真。

昨年までは、バインダーという機械を使って半分くらいの面積を刈っていたのですが、今日は全面積を手刈りで終わらせることが出来ました!

やっぱり人力は侮れません。。

 

お待ちかねのお昼ご飯。

田植えに続き「小田製陶所さんの蒸しかまどごはん」です。

 

今日用意した米の量は、1斗2升。

そう、なんと!12升です!(小田さんもこんなに一日で炊いたのは初めてだそうで(笑))

 

この炊き立ての新米コシヒカリが、もう最高で。

 

好きなごはんのお供を盛り付けてモリモリたべます。

 

鳥の声を聴きながら、のどかなお昼ごはんでした。

 

***

最後に、参加者の中から抜粋した3名の参加者の声をご紹介。

 

今年、初参加で小4の娘と一緒に大自然の恵みをたくさんたくさん楽しむ事ができ、本当に良かったです。

「毎日給食にこんなにおいしいごはんがでたらよいのに~」

と新米のおいしさにとても感動していました。

また来年も参加したいです。

新潟市 高島詠子さま

 

参加者100名ってびっくり。

楽しさも100倍の稲刈りイベント。

2度目の稲刈りでしたが、苦労っていうより、楽しさが勝っていました。

自然と共存することが未来につながると思います。

人が自然をこわし、今はその自然を元にもどすことがクローズアップされていますが、昔はその自然と共存した農業だったと思います。

仕事は農業ではありませんが、イベントを通して自然の優しさ、きびしさを知り、自然と共存共栄をより意識して暮らしたいと思います。

おいしいお米ありがとう。

新潟市 相良省吾さま

 

今日はおつかれさまでした。

今回、稲刈りイベントに初めて参加しましたが、大自然の中でとても空気も良くすばらしい体験をさせてもらいました。

子供たちも、カマでの稲刈り、初めてで、どろんこになりながら楽しんでいました。めずらしい虫もたくさんいて夢中になりつかまえていました。

炊き立てのピカピカのごはん、とん汁、つけものなど、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

やまびこ農産のみなさん、とても良いイベントを計画して下さり、ありがとうございました。参加して良かったです。

胎内市 川崎由香さま

 

***

 

今年で5年目のイベントも無事終えることができ、まずはひと段落です。

最初は20人くらいから始めたイベントが、5年後に100人になるとは、目標にもしていなかったのですが、一つの結果として残すことが出来て良かったです。

 

これからもやることは変わらないと思います。

 

この五頭山麓で取り組む、自然と共にある農業をしっかり受け入れ、やれることを全力でやって、未来につなげていきたいです。

 

現地に来てくれることは最高に嬉しい事ですが、イベントに参加する、しないに関わらず、やっぱり応援してくれる皆様がいると思うからこそがんばれます。

今日見た、子供たちの笑顔の為にも農業界でこれからもがんばっていきます(´▽`)

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

新潟で輝く稲穂の五頭山麓。新米コシヒカリ販売まであと10日!

9月に入り朝晩は、だいぶ涼しくなってきました。こちら新潟県阿賀野市五頭山麓のささかみやまびこ農産です。

 

9月5日から平成29年産「新米」の稲刈りを始めました(^o^)丿
(最初は早生品種なので、こしひかりはもう少し先です。)

 

今年は夏が比較的涼しくて、例年より熟すのが少し遅くなりましたが、今年も黄金に輝く稲穂が辺り一面に広がっています。

 

 

この日は真っ青な空の秋晴れ。

稲穂に朝露が残っている早朝は、特に気持ちがいい。

 

 

朝露が乾いてくる9時半くらいから稲刈りを開始します。

コンバイン(稲刈りをする機械)に乗っている写真は社長。

もう一台は私が乗り、毎日2台体制で行います。

 

 

刈り取った稲はトラックの荷台に!

 

 

収穫したてのお米!

 

まさに黄金色。本当に輝いているように見えますね(^o^)

 

最後に休憩風景公開。
毎日がほのぼのです。

稲刈りは重労働ですが、せっかくの収穫の秋。

楽しみながら豊作を願いながら、笑顔で取り組んでいきたいと思います!

 

さてさて、気になる新米コシヒカリの販売時期ですが、早くて9月20日頃を予定しています。(25日頃には間違いないかと)

9月に入ってからは予約注文も一気に入っています。

新米が出たらいち早く欲しい!という方はこちらの「問合せフォーム」からご連絡下さいね~~(^^)

 

ではでは~~

 

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

飲食店向け野菜出荷システム「はたけの座」阿賀野市の農家が集い取組開始!

こんにちは。ささかみやまびこ農産の榎本庄太です。

この度、当社では新事業として、野菜の新ブランド、あがのこよみやさい「はたけの座」を立ち上げました。

そして昨晩、はたけの座誕生記念祭をレストランスワンレイクで開催!

はたけの座はささかみやまびこ農産が中心となり、阿賀野市内の農家とともに立ち上げた野菜ブランドです。

飲食店への出荷に特化し、一年を通して阿賀野市の旬の野菜を飲食店に提供していく事を目指しています。

誕生記念祭には約70名の関係者、阿賀野市の仲間たちが方が出席してくれました。

 

代表と言いますか、座長なのか?(笑)私が挨拶を最初にさせて頂き、

その後にはたけの座メンバーを紹介しました。

 

はたけの座の想いはこのデザインにも込めました。

真ん中の星のように見えるロゴマークは、尖った部分が実は人をイメージしていて農家が輪になって星になることを表現しています。(下にはもちろん阿賀野市のシンボル五頭山も)

今まで個々で活動していた阿賀野市の9軒の農家が、一つの輪となり手を取り合って星のように輝く!

基本コンセプトはここにあります。

 

今後、飲食店で色々な形ではたけの座の野菜を使って頂く予定です。

多くの方に愛されるブランド野菜として、輝いていけたらと思っています。

***

ここからは昨晩の写真を連続で。。。

乾杯の挨拶をお願いした阿賀野市農家の先輩、脇坂さん。

はたけの座設立をとても喜んでくれているのが印象的でした。

 

司会はFM NIIGATAのパーソナリティー阿賀野市出身の清野幹氏。

実は数年前にうんめねっか新潟の絡みからの知り合いです。

 

こちら、はたけの座から出荷した笹神ナスのグラタン。

この他にも、イタリアンナスのロッサビアンコ、パープルクララのはたけの座コースで料理はナス祭りでした!

 

蝶ネクタイでキメキメだった、はたけの座、曽我氏&司会の清野氏

 

スワンレイクの魚野シェフ&小林大先輩

 

はたけの座メンバーの4名!

 

阿賀野市の仲間たち!

 

最後、閉店間際に!

 

これからも皆様よろしくおねがいします!!

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産