「やまびこ米 コシヒカリ」カテゴリーアーカイブ

新潟県内初!米農家が作った受験生応援グッズは売上げ好調!

2月も今日で終わりですね。28日しかない2月は本当にあっという間でした。米農家の私たちにとっては農繁期へのカウントダウンに入り、これから毎日が慌ただしくなってきます。

そんなこの時期ですが、今年からは少し特別な感情も入ります。それは受験生への合格祈願の応援です。

今年の2月から販売を開始した「成績がのび~る餅・合格絵馬セット」が少しずつですが確実に広がり始め、売れ始めました。

新聞やラジオなどメディア関係の露出を皮きりに、店頭、自社サイトで販売中。

毎日のように郵便屋さんが届けてくれる、絵馬が入ったこの封筒を開ける度に、利用してくれる人がいることに嬉しく、心躍ります。

封筒に入れられて届いた絵馬を旦飯野神社に奉納!この日は8枚の絵馬を一気に奉納しました。一度にこんなにいっぱい絵馬を付けられて、自分もエネルギーをもらった気になります。

実は奉納した絵馬は写真に撮って、受験生に送っています。

写真を勉強机の近くに飾ることでモチベーションアップに繋がればと気持ちを込めました。

何かしらのご縁があり、やまびこ農産の商品を手にした受験生を当社は全力で応援します!

いよいよ3月、最後の願掛けに「成績がのび~る餅・合格絵馬セット」はいかがですか?

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

一月の阿賀野市は豪雪!この雪がやまびこ米にはとっても大切!

1月ももう終わりに近づいていますが、いかがお過ごしですか?

12月はほとんど降らなかった雪も今月半ばから一気に積もり、阿賀野市は豪雪地帯となりました。

道路わきには1メートル以上の雪の壁が出来ている所もあり、まさに雪国を感じさせます。

やまびこ米の田んぼは、どっさりと50センチ以上の雪で覆われていて、歩くこともできません。

当社の様に、米作りに山からの「伏流水」だけを使う農家にとっては、この雪はとても大切で、この雪解け水を山が蓄えた分だけ田んぼに水が注がれます。

冬の間にいっぱい雪を蓄えて、春にた~~~っぷりの雪解け水を田んぼに下さいね~(^o^)

 

それにしても寒い。春はまだまだ先かな~。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

旦飯野神社で何末年始にやまびこ農産の米と餅を販売します!

昨日は阿賀野市で遂にまとまった雪が降りました。朝起きたら20センチも積もっていて除雪も出動!

15542173_1202173603195660_6079940927275518877_n

一気に冬らしい風景になり年末の雰囲気が漂ってまいりました。

年末年始と言えば二年詣りに初詣がありますが、それを目がけて本日より地元の神社で初めてやまびこ農産のお餅とお米を販売することになりました!

その神社とは知る人ぞ知る、阿賀野市で一番有名なパワースポット「旦飯野神社」です!

旦飯野神社

旦飯野神社は阿賀野市内はもちろんですが、近隣の新潟市、新発田市からとても大勢の参拝者が訪れる人気の神社で、年末年始は5000人の方が訪れます。

今回、当社で初めてお餅を作ったことで、販売先を色々と探していて、せっかく縁起物のお餅なんだから、これを食べて元気を出してくれる人がいたら良いというのがあって、思いついたのが神社とのコラボでした。

それを思いついたのがおとといの朝、ダメもとで即神主さんのもとへ餅を片手に走りました(車で9分)

神主さんとの面識はほんの少し程度で、まじまじと話すのは初めてです。商品に対する自分の想いを伝え、神社に来るお客様に喜んでもらいたいと伝えました。

神主さんからは、阿賀野市はとにかく農家が頑張らないと経済が回らないと言われ、商売が繁盛するように頑張って下さいと応援してくれて、快諾して頂きました。

旦飯野神社の餅と米

そして、本日朝一番で納品。

納品時に商品のお清めと商売繁盛のお祓いをして頂き、陳列させてもらいました。

私たちの商品が、旦飯野神社に来る人たちに少しでも役に立てたらうれしいです。

新しい素敵なご縁がありますように・・・

旦飯野神社の米

旦飯野神社の餅

15578731_1202173793195641_660826437531485971_n

15621868_1202200516526302_5335876344307696342_n

こちらの本殿の中で販売しています。

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

 

出来た!出来た!お客様の声で米のパンフレットが出来ました!

もう手にしたお客様も多いと思いますが、やまびこ米コシヒカリのパンフレットが11月から変わりました!

%e3%82%84%e3%81%be%e3%81%b3%e3%81%93%e7%b1%b3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

自社で独自にコメをを販売し始めて約10年。今回のものでパンフレットは三版目となります。今まではデザインから印刷まで全て業者さんに頼んでいたのですが、今回は印刷のみが業者さんで、デザインは全て自分でやりました!

イラストレーターでも使えれば良いんですけど、そんなハイテクなものは使えないので全部wordで仕上げています。もうwordを極めてやろうってノリでやってますよ(笑)

まあそれはともかく、こだわったのはもちろん中身。

~お客様の物語で伝える~ やまびこ米を選んだ3つの理由という内容構成で、当社が長年取り続けたお客様の声を基にお米の紹介をする。

余所のお米のパンフレットとは少し違うテイストになっています。

img_20161129_0004

img_20161129_0005

売り手が言いたいことだけを言うのではなく、お客様が欲しい情報をいかにダイレクトに伝えられるかを意識しました!

やまびこ米を選んだ3つの理由

1.農家直接だから安心

2.家族で安全なお米が食べたい!

3.山沿いで育つお米が食べたい!

これらすべてはお客様からの生の言葉です。

15181561_1179346425478378_8904778905811980534_n

今現在のお客様の言葉で、これからの未来のお客様を呼び寄せることになるストーリー仕立て。

やまびこ農産のはファンの皆さんと共に農業を盛り上げていきます!

そして、これからもお客様の声コレクターのやまびこ農産にお客様の声、ドシドシ送って下さい(^_^)

笑顔と健康をお届けする!新潟やまびこ米コシヒカリ/有限会社ささかみやまびこ農産

無農薬不耕起栽培の稲刈り体験イベント開催レポート2016

2016年9月25日(日)、ささかみやまびこ農産の農作業自然体験イベント「無農薬不耕起栽培の稲刈り」を開催しました。

春の田植え、夏の草取りに続き今年の第三弾。フィナーレの稲刈りです!

20160925a

参加者は大人子供合わせて約40名。

8割の方がリピーターで、田植えも草取りも参加した方がほとんどでした。

20160925b

集合場所はいつもの当社ライスセンター。

今回は稲刈りシーズンでライスセンター内(乾燥施設が)稼動中だったので施設内の説明を聞いてもらってから田んぼに移動しました。

20160925c

田んぼに移動して、まずは稲の刈り方、まるけ方(縛り方)の指導から。

指導者は去年に続き、集落のおじいちゃん。今年88歳になるそうですがまだ現役で米作りをしています。

まるで神業の様なやり方に、参加者の皆さんはわからな過ぎて笑っていましたが、とりあえずわかったふりでスタートです(笑)

20160925d

小さい女の子でもちゃんと鎌をもって刈ります。

見てる方が怖かったりもしますが、グイグイ刈っていました!

20160925e

こちら、一番難しいまるける作業。

教えるのも難しいんだけど皆さんマスターできたかな??

20160925g

まるけた稲は杭にかけて自然乾燥。

自然乾燥ははさがけの方が有名かもしれませんが、笹神では昔からこの方法が主流です。

実はこの杭も家に眠ってたものを使ってます。
20160925f

手伝いを頼んだ集落のおじさんと自分の姪っ子。

姪っ子は毎回イベントの時に兄弟で参加して体験をしています。

身内にも貴重な体験になっています。

20160925h

清々しい秋晴れ。

本当にラッキーな稲刈り日和でした!

20160925i

豚汁がぐつぐつ煮えた正午におひるごはん。

食べるのに夢中でおにぎりの写真も一切ありません(笑)

 

【参加者様の一部の感想をご紹介】

20160925l

とても充実した数時間となりました。すべてが興味深くて夢中になりました。作業後の昼食もとても美味しかったです。また参加者とのふれあいも楽しかったです。また必ず参加します!

新発田市 中田大地 様

 

20160925m

初体験の娘が、稲刈りがおもしろかったようで、どんどん刈ってました。見てるほうが手を切ったりしないかドキドキでしたが、少しずつ慣れてきて刈るスピードもアップしてました。今回もイベントに参加できてよかったです!!息子が今回都合で参加できず、すごく残念にしてました。また来年参加したいです。

新潟市 石田美幸 様

 

20160925n

子供の頃、稲刈りする田んぼで遊ぶばかりで、農家の苦労を今頃になって体験してわかった感じです。稲刈りしながらも、田んぼの生き物がいることも大事なことなんだと思いました。生きた水、生きた生物、生きた田んぼがおいしい米を作るんだなと3回のイベントを通して改めて感じました。

新潟市 相良省吾 様

 

この他にも参加者の皆さまから心のこもった貴重な感想を頂いています。ありがとうございます!

来年も参加したいという声も多くいただき大変うれしく思います。是非来年もお待ちしています!!

また、今回で卒業という声も頂いています。このイベントでは米作りの奥深さ、自然界とのかかわりを中心にお伝えしてきました。

どうか今までのことを頭の片隅に留めていただき、米と言ったらささかみやまびこ農産で思いだしてもらえればとうれしいです。

今は震災など自然災害が多くあります。万が一の時に農家の知り合いが一軒でもあれば食糧で助かることがあるかもしれません。いつでもお声がけくださいね!

 

4年目の田んぼ自然体験もこれで無事に終了致しました。

また来年多くの人に興味をもって楽しんでもらえる取り組みをしていきたいと思います。

ありがとうございました!!!!!

新潟産コシヒカリやまびこ米(有)ささかみやまびこ農産